【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁の気まずい雰囲気を打開するテクニック5選

復縁の気まずい空気を打破する方法

「元彼と復縁したいけど、なんだか空気が気まずくて連絡を取りづらい・・・」

こんな悩みを抱えている女性は多いのではないでしょうか?

けれども、気まずい雰囲気を打開するには、ちょっとしたコツさえつかめばOKなのです。

今回は、ちょっとした工夫で空気を変える具体的なテクニックについてご紹介します。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

(1)まずはLineで連絡を取ってみる

元彼にLINEで連絡を取る

気軽に連絡できるLineは、復縁に向けてのファーストステップにうってつけです。
男性は重たいと感じると、連絡そのものを負担に思う傾向が高いです。

メールや電話だと自分が感じていることが伝わりやすい分、復縁に向けての焦りや気負いまで相手に感じさせてしまいます。

その点、スタンプやチャットで軽い雰囲気を出せるLineは、元彼にうっとおしく思われないツールなのです。

(2)付き合う前の感覚を思い出す

元彼と付き合う前の感覚を思い出す

復縁に失敗する原因の多くが、女性側に肩の力が入りすぎていることです。

「復縁するためにも、このチャンスは逃せない」「ともかく復縁したい」と焦ってしまっているからでしょう。

元彼にどのような距離感で接していいかわからない場合は、付き合う前のことをよく思い出してみてください。

友達や同僚、趣味の仲間として過ごしていた時の感覚で、元彼に接するとうまく肩の力がふっと抜けます。

リラックスした雰囲気で話しかける方が、復縁の可能性がぐんと上がります。

(3)元彼が参加しそうなところに顔を出す

元彼が参加するところに顔を出す

ポイントは「復縁狙いで来たんだな」と元彼に悟られないことです。
相手にあざとい、計算高いと誤解されてしまい、復縁が遠のいてしまうかもしれません。

例えば、会社主催の勉強会や飲み会など、参加していても不自然でない場を選んでください。
長く話をする必要はなく、立ち話程度でも気まずい雰囲気を打開することができます。

(4)謝る

ポイントは「ごめんなさい!」ときちんと頭を下げて、心から謝ることです。
一見、とても簡単なことのように思えますが、意外と実行していない人が多いです。

例えば、「私もさ、悪かったと思ってるんだけどね~」というおざなりな感じだと、不快感を与えてしまいます。

実際、あなたに非がなかったとしても、「私ももっと優しい言葉をかけていれば、別れなくすんだよね」と言い方がよくなかったことを伝えましょう。

負けるが勝ちという言葉通り、プライドを捨てて謝ることが復縁のきっかけにつながるはずです。

(5)友人や知人の協力をあおぐ

重要なのは、友達を通して「落ち込んでいる」「反省している」ということが伝わることです。

元彼は、あなたが自分との別れからすぐに立ち直って元気に過ごしていると思うかもしれません。

また、喧嘩の原因になったことを全く反省せずに、のんきに生活していると怒っている可能性もあります。

あなた自身から伝えると真意が伝わらない可能性があるので、共通の友人から客観的な声を届けてもらうとよいでしょう。

元彼もきっかけを待っているかも!

元彼も復縁のきっかけを待っている

気まずい雰囲気を打開したいと思っているのは、あなただけではありません。

元彼もあなたと同じようになんとかチャンスを作りたいといろいろと考えをめぐらせている可能性があります。

思い切ってあなたから機会を作ってみると、スピーディーに復縁に向かっていくかもしれません。

気負い過ぎることなく、相手のペースを見ながらアクションを起こしてみてください。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と復縁出来ない可能性から押すテクニック

「元彼と復縁できる可能性が無い」と感じてからの押しテクニック

「えっ!?元彼が他の子にモーションかけてる……」 「周囲にやり直すのは無理って言っているみたい」 一見すると絶望的に見える状…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る