【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁したい元彼にアタックする3つの方法

復縁したい元彼にアタックする方法
「元彼とやり直したいって気が付いた。この気持ちを早く彼に伝えなくちゃ・・・。」

その気持ちに気付いたあなた、少し待ってください。

今の気持ちをそのままぶつけて、彼は振り向いてくれるでしょうか?

早くやり直したいと焦ってしまう気持ちを一旦落ち着けて、元彼へのアタックに効果的な方法をチェックしてみませんか?

1.自分自身の価値をしっかりと上げる

復縁したい元彼にアタックする方法1自分の価値を上げる

復縁には自分磨きが大切、とよく聞きますよね。これはなぜでしょうか。

男性の恋愛論に「今まで付き合った彼女をフォルダに分けて脳内で保存」というものがあります。このフォルダはとても都合のいいもので、過去のフォルダから美化されてしまうのです。

つまり彼の彼女の中で、直近に別れたのがあなたの場合、過去の彼女は美化されて、あなたの価値は下がっている可能性が大きいのです。

このため復縁には、かなりの自分磨きをして彼の中での価値をゼロに戻し、過去の彼女を上回らなければいけないのです。

”性格や内面、メイクやスタイルなどを誰に聞いても変わった。綺麗になった。”と認められるくらいには磨き上げなければ、彼の中の考えを超えることは難しいでしょう。

簡単にできることではないですが、最大の敵は自分自身です。彼の過去までは確認することはできません。

ですが過去の自分を超えることができれば、おのずとそれは叶っています。自分がほめてあげられるような、自分自身を目指しましょう。

2.自分から行動する

復縁したい元彼にアタックする方法2自分から行動
自分磨きも順調に進んで来たら、今度は自分から行動しましょう。彼からの連絡を待っているだけでは、いつまでたっても復縁が前に進まない可能性が大きいです。

なぜなら男性は、自分から動いたら負けだと思っている可能性があります。男性があなたの魅力を再認識するように、あなたから行動することが大切です。

単純に「告白」をしても、もちろん効果はあるでしょう。ですがもっと効果的なのは、彼が焦りを感じる「アピール」をすることです。綺麗に、魅力的になったあなたはその時点ですでに、彼の焦りを刺激しています。

LINEやフェイスブックなどで、直接的ではない他の男性を匂わせるようなアピールを入れると、ますます彼は焦りを感じるでしょう。

男性は追われるよりも追う立場になったほうが、恋愛に積極的な傾向があります。共通の友人に「新しい恋に進もうかな?」と、伝えることも間接的に彼を刺激することも可能です。

彼が追いやすいように、あなたから行動することが鉄則なのです。

3.1回や2回振られたくらいでは諦めない

復縁したい元彼にアタックする方法3振られても諦めない
これが彼にアタックする時に、一番大切な気持ちになります。彼とやり直すということは、彼の悪いところや自分の悪いところを改めて、また恋人に戻るということです。

一度別れているのであれば、また同じように別れることもあります。それも乗り越えるような気持ちがないと、再度アタックすることは難しいでしょう。

何度振られても、何度別れても、そのたびに彼を理解してまた受け止めるという気持ちを持たなければいけません。

もしアタックして彼が断った場合、引き際はあっさりと引くことが肝心です。そのほうが彼も警戒せずに、今後の付き合いがスムーズになります。タイミングを見て、何度でもアタックすることも復縁にはかかせない一つです。

元彼へのアタックは勇気がいる

いかがでしたか?元彼にアタックすることは、普通の告白よりも勇気がいる行為です。

ですが準備と気持ちがしっかりしていれば、復縁はすぐそこです。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

新しい彼が出来ても元彼が忘れられない深層心理

新しい彼氏が出来ても元彼が忘れられない深層心理

新しい彼と付き合いだして、心機一転。新しい恋愛のスタートをきったはずなのに・・・なぜか心が晴れないことはありませんか? もし今…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る