【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

別居夫と復縁するには、最初の一歩が大切

別居夫との復縁

結婚というものは人生の一大イベントです。

交際はふたりだけで出来るものですが、結婚は周囲の人間からの多くの理解が必要となります。

必要な行程をいくつも重ねて辿り着いた結婚。しかし夫婦といっても人間ですから、時には大きく仲違いしてしまうこともあり、別居するまで関係が悪化した夫婦も多い現状です。

今回は、旦那様と別居をされている女性に『復縁の為に必要なこと』をお教えします。

別居している夫との復縁は、最初の一歩が大切です。入念にチェックしていきましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

1.まずは気持ちを落ち着かせること。焦りこそが最大の敵。

別居夫との復縁は気持ちを落ち着かせる
あなたは復縁に焦る気持ちに駆られ、たびたび旦那様に連絡を取ってはいませんか?

「やり直したい」「許して欲しい」「許すから」と追いすがっていませんか?

現在進行形でこういった行動を取っている場合、ただちにやめましょう。距離を置いたことで、旦那様の思考はとても冷静な状態にあります。

ふたりの気持ちに温度差があれば、あなたの気持ちは旦那様に届きません。溢れてしまいそうな気持ちを抑えられるように、頑張ってみましょう。

2.伝えるべきことは何か?伝えるべきはシンプルな思いやり

別居夫に伝えることを考える

復縁するには、お互いのわだかまりをなくすことが必要です。しかし、あなたが口にする言葉は、本当に和解に必要な言葉でしたか?

「あの時に私はこう思った」「だからこう考えたの」という言葉は、ただの『主張』です。

旦那様は、あなたの認識の説明を求めている訳ではありません。あなたがすべきことは、旦那様の言葉に対しての理解を示すことです。

「あの時は突っぱねてしまったけれど、あなたの言葉の意味がわかってきたの」

「まだあなたの行動を受け入れられないけれど、わかりたいから教えて欲しい」

結果的に旦那様の考えを全て受け入れる必要はありません。誰しも相容れない部分はいくつもあります。

ですが、理解出来ない部分ごと受け止めるということは出来ます。

柔らかく受け止め、柔らかく返すことが、ふたりの心を優しくします。

3.説明は必要。理解者を増やすことで、円滑に

別居夫に説明する
あなたは自分の家族や友達に、旦那様との別居の理由を伝えましたか?

ご家庭によって様々な理由がありますが、大多数があなたの味方だと思います。あなたが抱いていた不安や悲しみを聞けば、誰しもがそうです。

しかし理解してくれていたからこそ、復縁のハードルとして立ちはだかることもあります。

「あんなに辛い思いをしていたのに。またやり直そうなんて認められない」
「やめておきなよ。上手くいかないよ」

あなたを思うあまり、家族や友達は難色を示すことでしょう。彼らを納得させずに復縁に動いた場合、最終的にこじれる場合が多いです。

あなたと旦那様が納得していても、あなたの家族や友人が旦那様と対立します。あなたがどういう気持ちの変化を経て、旦那様との復縁を決意したのかを余す所なく伝え、深く理解を得ましょう。

納得するまで話をすれば、一生涯の協力な味方であり、理解者となってくれます。

さいごに

別居夫と復縁まとめ
いかがでしたでしょうか。今のあなたと旦那様の関係と心の状態は、とてもナイーヴです。

何度もやりとりを繰り返していては、疲弊を重ね、関係が危うくなってしまいます。

そんな状態を防ぐ為に、最初の一歩に慎重になる必要があります。冷静な思考を心がけ、復縁という難題にふたりで挑んでいきましょう。

最初の一歩さえ間違わなければ、あなたと旦那様にはしあわせな未来が待っています。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と復縁出来ない可能性から押すテクニック

「元彼と復縁できる可能性が無い」と感じてからの押しテクニック

「えっ!?元彼が他の子にモーションかけてる……」 「周囲にやり直すのは無理って言っているみたい」 一見すると絶望的に見える状…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る