【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

やり直したい元彼からメールの返事をもらうテクニック

やり直したい元彼からメールの返事をもらう

将来的に復縁を見据え、元彼と交流を深めようとメールをしても、返事が来ない場合があります。

  • 「前みたいなやり取りがしたいのに、元彼からの返事が全くこない状態です」
  • 「色々な内容でメールを送っても反応が良くないんです」

こういったお悩みを抱える女性は沢山いて、とても身近な問題となっています。

今回は、元彼から返事をもらう為に必要なテクニックを4つご紹介します。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

1. メールを送るタイミングにひと工夫してみましょう

メールを送る時間に工夫
メールを送信する時間帯をひとつに定めましょう。

毎日同じ時間帯に送ることで、元彼に「そろそろ来る」と印象付けることが出来ます。生活のシーンに『あなたからのメール』が組み込まれることで、多忙な元彼でも返答する時間を捻出できるようになります。

2. メールを送るタイミングとして『最適な時間』を考えてみましょう

元彼にメールを送る時間に工夫
上記の1において、メールを周期的なものにするとお話しましたが、送る『時間帯』も重要です。

元彼が夜更かしな男性であっても、一般的に深夜とされる時間は避けましょう。「だって元彼が起きているのを知っているし」というのは駄目な考え方です。

夜更かししてでもやりたいこと(趣味)があったり、夜更かしせざるをえないこと(仕事)に縛られていることが多いです。

たまたま早く寝ている場合だってあります。睡眠を妨害されることに腹を立てる男性というのは、女性が思うより多いものです。

そして、最も最適なタイミングは「食事時」になります。昼食や夕食の時間帯というのは、休憩時間にも当たりますので、時間的にも気持ち的にも余裕が出来ます。

人間の三大欲求でもある食欲が満たされた状態ですから、比較的に機嫌も良いです。

3. 伝えたいことを、端的に、短く、すっきりとまとめましょう

伝えたいことを端的に
男性の大半が「長文のメールは苦手。困ってしまう」と考えています。

理由は多岐に渡りますが、

  • みっちり埋まった文字を見るだけで、読む気力がなくなってしまう。
  • 仕事の合間に長文メールが届くと、別の仕事が増えたような気分になる。
  • 会話を畳み掛けられているようでつらい。

といった声が、多く見受けられています。

元彼の気持ちをアンニュイにさせてしまわないように、出来るだけ短くシンプルなメールを心がけましょう。

絵文字やスタンプを控えめにして、改行を使いこなすだけで、印象は大分変わります。

それでも「伝えたい言葉が多くって」と焦ってしまう女性もいますが、その部分はメールを往復出来るようにすることで解決出来ます。

4. 文面に『問い掛け』を組み込んでいきましょう

  • ×「今日は凄く寒かったから厚着をしたよ」
  • ○「今日凄く寒かったよね?そろそろ厚着をしても良い季節かな」

内容がほとんど変わらない文章ですが、返事を貰いやすいのは断然後者です。前者は会話の投げかけというより、あなたからの「報告」になっていることが原因です。

「報告」を目にした元彼は「確かにそうだね」と考えるだけに留まり、改まっての返答をしようとは思いません。

後者のように「質問や問いかけ」を入れることで、元彼が会話に入れる余地になり、返事に繋がります。

まとめ

あなたが元彼のことを考え、丁寧に綴った文面を見て、本当は元彼も返事をしたいのです。

しかしタイミングによって、気持ちの余裕が作れず、あなたの優しさに甘えてスルーしてしまっています。急かさずゆっくりと、元彼なりのペースにあなたから巻き込まれてしまいましょう。

以上を踏まえてメールをすれば、元彼からの返事はすぐに届きますよ。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

友達に復縁相談する前に

友達に復縁の相談をする前に…復縁のプロの方法を伝授

「元彼ともう一度やり直したい」「元彼の気持ちを振り向かせたい」と思っているあなた、むやみやたらに復縁を迫ったところでうまくいくはずは…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る