【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

彼に他に好きな人が出来た…そんな時あなたはどうするべきか

彼に好きな人ができたならどうするか

大好きだった彼からの突然の別れ話。
こんなに辛いことはありません。

しかも、「他に好きな人ができた」と言われた時のショックは計り知れないものがあります。

好き同士だったのに、自分が知らない間に彼に好きな人ができてしまっていたのですから、ショックを受けるのは当然のことです。

ですが、彼に好きな人が出来たからといって、ヨリを戻すことができないかといえばそうではないのも事実。

では、好きな人ができてしまった彼の気持ちを、こちらに向かせるにはどうしたらいいのでしょうか。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

彼を別れさせようとしないこと

彼を別れさせようとしない
あなたと別れた後、彼に好きな人が出来たとしても、焦ってはなりません。

ましてや、別れさせようなどとしないことです。それはなぜなのでしょうか。

仮にあなたが、彼と彼女の間に割り込んだとしましょう。
あなたは満足かもしれませんが、彼にしてみれば迷惑以外の何物でもないのです。

これではあなたの印象も悪くなるばかりで、現在の彼女と別れたとしても、あなたに振り向く可能性はゼロに近いと言わざるを得ません。

あなたにマイナスのイメージが付いてしまうことを避けるためにも、焦りは禁物です。

復縁できるタイミングを見逃さないよう、あなたはあなたで自分磨きに時間をかけ、さらに別れの原因となった悪いところを改善することが先決です。

でなければ、復縁したとしても同じことを何度も繰り返すことになるからです。

付かず離れずのポジションにつく

一度お付き合いをした者同士、完全に友達に戻るということは難しいのも事実です。

ですが、友達ではない彼女ではない付かず離れずの位置にいることができれば、元彼に好きな人が出来たとしても、焦らずに済みます。

友達に戻ることはできなくても、あなただけのポジションというものがあるはずです。

その位置をキープすることができれば、彼は徐々にあなたの大切さを実感してくるでしょう。

相手の立場にたった行動を心がける

「好き」「やり直したい」という気持ちが強ければ強いほど、自分よがりの考えになってしまいます。

これでは、彼の気持ちはもっと冷めてしまうのが目に見えます。

ですので、付き合い始めたころのように、相手を思う気持ち、相手の立場に立った行動や言動をこころがけましょう。

彼に好きな人がいるのであれば、それを受け入れ、彼の好きな人よりももっと素敵な女性になるという目標を持って毎日を過ごせば、彼の心を取り戻すことができるようになります。

客観的に見れるようになってしっかり自己分析しなさい

客観的に分析できれば復縁はできるが
あなたは、なぜ彼とよりを戻したいと思っているでしょうか。

寂しいからですか?
それとも、やっぱり好きだからでしょうか?

後者であれば、あなたが後悔しないためにも復縁に向けて行動を起こすことが大切です。

しかしながら、復縁にはタイミングもあります。そのチャンスを逃してしまうと、復縁できるものもできなくなってしまいます。

あなたと彼の関係によっても変わってきますが、状況を冷静に分析して、復縁までの道筋をシュミレーションしながら、焦らず一歩一歩進んでいくことが大切です。

間違っても友達や知人に相談することはNGです。

あなたを慰めるような言葉を振りかけてくるだけなので、状況にそぐわない復縁行動に向かってしまう傾向が多くなるからです。

本当に復縁したいのであれば、あなたの状況を客観的に分析できるしっかりとした第三者に復縁相談してアドバイスを求めることです。

そうすれば、復縁できる可能性は大幅に高くなります。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と復縁する行動術

元彼と復縁したい方へおすすめの行動術

失恋はつらいものです。 出会ったばかりの頃は、まさかフラれるなんて思っていなかったはずですが、恋愛には別れは付き物です。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る