【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁に向けた自己改革をする期間と目的とは

復縁に向けた自己改革期間

大好きな恋人と別れてしまい、やり直したいと思っているのに方法が分からないという場合には、まず冷静に落ち着くことが大切です。

別れることになった理由が必ずそこに存在しているわけで、気持ちがパニックになった状態で相手に復縁を迫っても、余計に相手の気持ちを遠ざける結果となってしまいます。

別れた直後でも、自分から別れを切り出した場合にはすぐにやり直せる可能性が高いです。

しかし相手から別れを切り出されてしまった場合には、まずは冷静に落ち着いて、別れる理由や自分の何がいけなかったのかを客観的に見つめ直すことから始めましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

自己改革の目的とは

自己改革の目的
相手から別れを切り出された場合、やり直すために自分ができることがあります。

それは、自己改革です。

自己改革と言うのは、自分が持っている欠点を見つめ直し、それを克服することによって自分の人間力を高めるという方法です。

具体的には毎日自分の気持ちを日記にして書き出してみたりすることによって、自分自身で気が付かなかった欠点を発見し、確実に克服することで復縁の成功率を高めるというものです。

恋愛中にも使えるテク

自己改革は、恋人がいる時にも実践することはできます。

しかし、恋人がいる時には人間は幸せな気持ちに支配されていることが多く、自分の欠点を客観的に見つめにくいものです。

相手から別れを切り出されて初めてハッとすることが多く、気づいた時には時すでに遅し、となってしまいます。

無駄な時間の過ごし方ではなく、むしろ復縁の可能性を高める

自分を見つめ直す期間は、そのまま別れた後の一時的な冷却期間として使うことができるので、決して時間の無駄ではありません。

「相手があなたに対して持っているネガティブな気持ちを風化させて楽しかった思い出の一つ」、と記憶の引き出しにしまうのにピッタリの期間となります。

そのため、自分を見つめ直す期間中は、相手への電話やメール・LINEなどは一切NGです。

また、偶然を装って街で待ち伏せなんていうのももちろん厳禁。

冷却期間は、相手にあなたと別れた事実を風化させるための大切な期間で、この期間がなければ復縁の可能性も低くなってしまいます。

風化させなければいけない時に、メールをさりげなく送っても、それは相手にとってはネガティブな気持ちを呼び起こすきっかけになってしまいます。

やり直したい気持ちがあるのならグッと我慢しましょう。

自己改革はどのぐらいの期間が目安なのか

自己改革の期間
自己改革にかける期間ですが、相手から別れを切り出された場合には、短くても1ヶ月、長くても6か月以内が目安となります。

6か月以上たってしまうと、あなたと別れた時に抱いたネガティブな感情だけでなく、好きだったという感情までも風化して、昔付き合ったことがある人と言う状態になってしまいます。

復縁したいあなたにとってはそれでは困りますから、そうならない絶妙なタイミングを見計らって、やり直したいアプローチを仕掛けることが必要となります。

具体的にどんな方法でやり直しのアプローチを仕掛けるかわからない人やタイミングがつかめない人は、プロの工作員、復縁相談サービス、復縁マニュアルを活用するべきです。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼にもう連絡しないでくれと言われた復縁方法

「もう連絡しないでくれ」と言われた彼と復縁する方法

元彼に連絡を拒絶された時、復縁は不可能なのでしょうか? 連絡を拒絶されてしまうと、2度と元彼との関係が復活できないような気がして悲…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る