【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼と復縁したメールの決定打!内容例文と小さなポイント

元彼復縁メール例文

「メールで元彼とやり直すきっかけ、復縁へのきっかけを掴みたい」

このようにメールを利用して、元彼との復縁を目指す女性は大勢います。

理由は色々ありますが「口下手だから」「電話はすぐ喧嘩になっちゃう」という2点が際立って多いです。

今回は、恋に健気なあなたこそ伝えたい「復縁を成功させる特別なメール」をお教えします。

併せて失敗例もお教えしますので成功する確率もグッとアップさせることが可能ですよ。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

はじめに

元彼復縁メール準備
まずはワンステップ。仲の良い友人程度の会話が出来るように下地を作っておきましょう。

難しいことではありません。気持ちを通わせたことのあるあなたと元彼の間柄なのです。

共通の趣味などでメールのやり取りをしておくだけです。

重要ポイント! 疑問を残さない形で『元彼の良い所』を褒めましょう

元彼の良い部分を褒めるメール

成功例

『あなたの親切な所が好き。私も頑張ろうと思っても中々出来ない。そういう部分を尊敬してる。

――――出来ればもう一度だけ、やり直させてくれないかな?』

失敗例

『あなたの親切な所が好き。他の人には出来ない。そういう部分を尊敬してる。

――――出来ればもう一度だけ、やり直させてくれないかな?』


どちらも元彼の良い部分を挙げた上で、尊敬を示しています。

そしてそれを強調する為の部分、比較対象にしているのが『私(自分)』か『他人』かの違いしかありません。

しかし、失敗例を受け取った場合の元彼の気持ちをピックアップしてみましょう。

失敗例メールを受け取った元彼の気持ち

  • 「他の人って誰のことを言ってるのだろう」
  • 「最近出来た彼氏との比較?」
  • 「考えるとモヤモヤして、褒められている感じがしなくなった」

些細な違いでこんなに悪影響があるのです。今おわかり頂けた通り、元彼との話題に『他人』という不特定多数を指す言葉は厳禁です。

想像の予知がある分、あらぬ誤解を招き、不安まで呼び起こします。男性とは表に出している以上に秘めやかな独占欲を持っています。

基本的にふたりの会話の中には、当人のふたりだけが登場するように気をつけてみましょう。

成功するのは今か未来か。『甘い言葉』は不必要?

復縁メールの成功は?

成功例

『出来ればやり直させて欲しい。

――――あの頃よくぶつかり合っていたことも、喧嘩じゃなくてもっと話し合えば良かった』

失敗例

『出来ればやり直させて欲しい。

――――あの頃よくぶつかり合っていたことも、今思うと些細だった。私が折れるべきだった』


一見すると失敗例の方が「元彼のことを思っている」ように取れますよね。

ですが、あなたは本当に口にしたことを実行出来ますか? 折れることが出来ますか?

自分が納得出来なかったことというのは、仕切り直したとしても覆せないものです。それを安易に口に出すことで言葉が軽く受け取られてしまうことがあります。

そして失敗例のような『甘い言葉』から始まった復縁は、ふたりのパワーバランスが不揃いです。

「復縁して再び破局しちゃった・・」という結末に陥らないよう、甘い言葉は控えめに。

おわりに

いかがでしたでしょうか?復縁のきっかけにメールを選択する場合は、事前にじっくりと言葉を練る時間もあります。

大事なやり取りだからこそ万全な体制でミスは避けたいものです。

あなたの用意周到さが成功のカギ。約束された勝利の元、元彼のハートを射止めてくださいね。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁にネガティブ思考はダメ、ポジティブになるには

復縁にネガティブ思考はダメ!ポジティブに考えることが復縁につながる

どんなに忘れようとしても、忘れられない事だってあります。 特に、振られた側は心の整理が付くまでに時間がかかるものです。 …

おすすめ記事

ページ上部へ戻る