【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

振られてから復縁する方法

振られてから復縁する方法

振られても復縁することはできます

遠距離や仕事といった、2人の性格とは異なる要素で起こる別れもあれば、ケンカ別れや他に好きな人ができたなど、性格の不一致による別れもあり、振られる原因はさまざまです。

また、付き合ってみたら恋人よりも「友達でいる方が心地よかった」という理由で振られる場合もあります。

どんな理由であれ、大好きな人に振られると落ち込むものですよね。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

納得がいかない別れは未練が残る

別れの原因を理解した上で振られるのであれば、ある程度納得できるかもしれません。

しかし、他に好きな人ができたなどで突然別れを切り出された場合、納得できずに未練が残りやすいと言われています。

また、ケンカのように感情的になって別れてしまったケースも、未練が残りやすいのです。

振られた後に取る行動

振られてしまった以上、どうすることもできません。

むしろどうにかしようとすればするほど、どん底に落ちてしまう可能性があります。

では、振られた後はどんな行動を取ればいいのでしょうか?

何事も「終わりが肝心」というように、振られた後にしつこく迫るのはNGです

たとえば、しつこく復縁を迫ったり、しつこく別れの原因を聞いたり、しつこく連絡をしたりという行動です。

この行動は、相手に威圧感を与え、復縁しにくくなります。

少しでも復縁を願うなら、「しつこい行動」をやめることです。振られた時点で一度連絡を絶ってみましょう。

冷却期間が長すぎるのは逆効果

冷却期間が長すぎる

振られたら冷却期間をおく方がいいとよく言われます。

でも、一体いつまでが冷却期間なのでしょうか?

冷却期間は、別れた原因を分析して改善していく期間です。
自分磨きをして、ネガティブにならないように過ごすことが大事です。

ただ、その期間が長すぎると、そのままフェードアウトしてしまう恐れがあります。

この期間は男女では異なり、女性からの復縁は3~6ヶ月、男性からの復縁は1ヶ月が妥当になります。

女性の方が冷却期間が長いのは、女性は一度終わった恋愛をもう一度復活させたいと思う人が少ないからです。

男性の方が元恋人に未練を残しやすいため、女性からの復縁の方が冷却期間が長いのです。

もちろんあくまで目安なので、男性でもすぐに次の恋人を探す人もいます。

振られた原因分析、どこまで出来ていますか?

振られた原因分析

振られてから復縁までの期間には、振られてしまった原因を分析することも大切です。

何の変化もない状態で復縁しても、同じことを繰り返してしまう可能性が高いからです。

振られるということは、相手が自分に不満を持っているからです。

その点を改善しなければ、たとえ復縁できても二の舞いになりかねません。

もちろん、お互い思いやりを持つことも大切ですから、復縁したらきちんと話し合いをして、ダメなところは積極的に改善していきましょう。

そして、魅力を失わないように自分磨きも忘れてはいけません。

復縁までのポイントをまとめると、

  1. しつこい行動は避けること。
  2. 一旦冷静になること。
  3. 振られた原因を知り改善すること。
  4. 思いやりを持つこと。

この4つが基本となります。
自分をしっかり見直してみましょう。

ほとんどの人が冷静になれず客観的になれず、「何とかなる」と気楽に構えてしっかり改善しようとしません。

だから復縁失敗してしまうし、何歳になっても同じことを繰り返してしまうんです。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁テクニック

悪用禁止!元彼に復縁したいと思わせるテクニック

復縁の為に乗り出しても、何だか元彼の反応が芳しくないことがあります。 あまりにそっけなくされると、復縁に燃えていた恋心も元気が…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る