【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼と復縁結婚して上手くいく方法

復縁結婚して上手くいく方法

以前、有名芸能人が『一度別れた元彼と復縁して結婚をする』といった『復縁結婚』で大きな話題となりましたね。

それから復縁結婚という言葉が広まり始め、今となってはこの単語を使う女性もかなり増えてきています。

それ程までに復縁結婚というものに、高い関心を持つ女性が大勢いるということです。

今回は復縁結婚を目指すあなたに贈る『復縁結婚をしてうまくいく為の2つの方法』をお教えしたいと思います。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

1.同じ過ちを繰り返さない。主張すべき『怒り』を選別しましょう

同じ過ちを繰り返さない
仲むつまじく過ごすふたりでもたまには喧嘩してしまいますよね。

思わず「どうして? 許せない! 腹が立つ!」と衝動的になってしまうことはありませんか?まずはそこをグッと堪えて冷静に考えてみましょう。

復縁結婚をしたふたりは同じ結婚期間の他の家庭と比べて『気心の知れた間柄』をとても良く築いています。

一度の別れを経験して、体も心も距離を置いたことによって、お互いのどうしても譲れない部分を知っています。

その一連の流れがあったからこそ、パートナーの許容範囲内で最大限の自分らしさを発揮し、自由に振る舞うことが出来ます。

良いところも悪いところも、すいも甘いも知り、限度を理解しているというのは結婚生活において大きなアドバンテージとなります。

度を過ぎた怒りに注意!

しかしその反面で『度を過ぎた怒り』というものが致命傷になります。

「何もそんなに細かいことを」「そういうことが苦手なのを知ってくれていると思っていた」

わかりあえていると思っているからこそ、度を越した主張や怒りがパートナーに必要以上の悲しみを与えます。あなたが抱いているその『怒り』は、パートナーにとっての許容範囲内なのでしょうか。

今一度その怒りの矛先や大きさを考え直してみましょう。

怒らなくても済むことは沢山あり、実は順を追って説明することで簡単に理解されてしまうものです。

あなたとパートナーには再び結びついた絆があります。穏やかに接すること。これが大きなポイントになります。

2.不安を抱かない、抱かせない。パートナーには最大限の愛を

パートナーに最大限の愛を与える
別れには様々なものがあります。仕事や学業で距離ごと引き離されてしまった場合や、思ってもいない売り言葉に買い言葉での喧嘩によってなど多種多様です。

「どうして? こんなはずじゃなかったのに……」と泣く泣く別れた人は大勢います。別れてしまった理由はどんなことであれお互いに深く根強く残っているものです。

他人からすれば一緒くたに些末事だと片付けられてしまうことでも、あなたたちふたりにとっては引けない内容だったのです。

だからこそ、あなたもパートナーも『触れたら痛いナイーヴな部分』を持っています。

遠距離恋愛が上手く続けられなかったカップルは転勤の話にはひどく敏感ですし、大喧嘩で別れてしまった場合は少しの喧嘩でデジャヴによってパニックを起こしてしまうことも。

ふたりでの結婚生活が甘やかで大切なものであればある程に、「もしあの時みたいに別れてしまったら」と不安に脅かされます。

もし自信を失くしてしまったパートナーに気付いたら「こんなことくらいじゃ揺らがないよ」と伝えて下さい。

ふたりの間で育まれてきた絆の強さと、自分からの愛情の深さを、温かく説いてあげることが特効薬となります。

まとめ

復縁結婚まとめ
いかがでしたでしょうか?苦難を乗り越えたふたりが成す復縁結婚。それらに大きなハードルというものは存在しません。

ただお互いを思いやり、深く理解し合う関係であり、深い愛を慈しみ合う関係になりましょう。

誰もが羨む素敵な結婚生活は、もう目の前にあります。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と元サヤになるには自分を変える

元彼と元サヤに戻るには、まず自分を変えること

記憶が色褪せることなく鮮明なまま、自分の心の中に存在し続ける元彼。 そんな元彼と再びやり直したい。元のさやに戻りたいと思う女性は沢…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る