【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

客観視ができると復縁後も幸せになれる

客観視ができると復縁後も幸せになれる

復縁には客観的に見ること(客観視)が重要視されています。

そもそも、カップルが別れるのは『原因』があります。
その原因は大きなことかもしれませんし、ほんの些細なことかもしれません。

別れてしまうと、新しい恋人を探す人もいれば、『もう一度彼氏・彼女とやり直したい』と復縁を願う方もいるでしょう。

しかし復縁を願うのであれば、別れた原因を知り、それを理解しなければ難しいかもしれません。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

別れた原因を知り客観視できる

客観視が出来ると幸せになれる
別れた原因を知るというのは、物事を客観的に見ることができます。

物事を客観視できれば、『なぜ別れてしまったのか』『別れてしまった原因を改めよう』という気持ちが生まれます。

人は、失敗をするとその部分を改めて成長します。恋人関係でもそれは同じです。

客観視できるというのはおのずと改善点を見つけられるようになるので、恋愛でもとても役に立ちます。

復縁をして幸せになれるカップルは、その部分がきちんとできているのです。

相手を責めない

もちろん、復縁のきっかけはさまざまです。

別れたまま熱が冷めず、すぐに元のサヤに戻るカップルもいるでしょう。

心ではない別の部分で相性が良いため、もう一度付き合いたいと関係をやり直すカップルもいます。

どんな理由であれ、付き合っていたカップルがもう一度付き合うのはすべて『復縁』になります。

しかし、そこから長続きするか否かは、お互いの心の状態が大きく関係しています。

別れた原因を相手のせいにし、相手を責めてしまうと再び別れがくるかもしれません。

復縁後に長続きするカップルの共通点

復縁後も長続きするカップルの共通点
復縁をしたあと長続きするカップルの共通点に、『冷却期間をおく』『相手を思いやる』『今の幸せを感謝する』などが挙げられます。

冷却期間とは、今回のテーマのように別れた原因を客観的に見ることですね。

じっくり考える時間があるため、復縁をしても同じ過ちを繰り返しにくいといわれています。

また頭を冷やすことができるので、良い点も悪い点もいろんな点が見えてきます。

もちろん、冷却期間が新しい恋愛へと意識を変えてしまう場合もあります。

それでも冷却期間でほとぼりが冷めるのを待つのも必要なのです。

『相手への思いやり』は、恋人関復縁カップルだけでなく人間関係には大切です。

復縁は一度別れているわけですから、もう一度幸せになるためには思いやりが重視されます。

『今の幸せに感謝する』というのも、思いやりのひとつですね。復縁は相手の大切さを実感できます。

だからこそ、もう一度一緒になってくれたことに感謝しましょう。

客観視できる人は復縁も人間関係も上手

客観視できる人は人間関係構築が上手
物事を客観視できる人は、恋人関係だけでなくさまざまな面で役に立ちます。

ダメになったものを修復する能力も身につきますから、同じ失敗を繰り返すリスクも低くなりますね。

ただ注意してほしいのは『他人の意見を取り入れすぎない』こと。

あくまで自分自身で客観的に別れた原因と向き合い、改善するのが最良の近道といえるでしょう。

客観視することで得られるメリットは、改善点が見つかる・思いやりをもてる・幸せの方法が見つかる・長続きできることです。

客観視が苦手で暴走してしまう、一直線な性格の人は、第三者にアドバイスを求めることがベストです。

しかし、友人にアドバイスを求めるのはNGです。
あなたのことを想って、偏ったアドバイスをして逆にあなたを惑わしてしまうケースが殆どだからです。

復縁を成功させたいのであれば、必ず友人以外の第三者にアドバイスをお願いしてください。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁に向けた自己改革期間

復縁に向けた自己改革をする期間と目的とは

大好きな恋人と別れてしまい、やり直したいと思っているのに方法が分からないという場合には、まず冷静に落ち着くことが大切です。 別…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る