【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

忘れられない元夫と復縁するための3カ条

忘れられない夫と復縁する三か条

「一緒に暮らすなんてもう無理!」と嘆いた別れであっても、後ろ髪は引かれてしまうものです。

婚姻に結びつくほど、大きな大きな愛情を育んでいたのですから、それは当然のことです。

しかし、『元夫復縁を考える』といっても、心構えや案などがすぐ浮かぶものではありません。深く知っている男性だからこそ難しく、気恥ずかしさなども邪魔をします。

今回は、元夫との復縁に足踏みしている女性に贈る『復縁するための3カ条』をご紹介します。

自分の思いや決意が揺らいでしまわないよう、自分の心と向き合ってみましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

1. 謙虚さはバランスが大事。過ぎた謙遜は互いを駄目にします

復縁は謙虚さが大事
女性の中には「復縁を持ち掛ける側だから、謙虚でいなきゃ」と、かしこまってしまう方がいます。

確かに「お願い」をする側なのですから、謙虚さや控えめな態度は大切なものです。ただ、ひとえに『謙虚さ』といっても、その匙加減を見極める必要があります。

あまりに謙虚が過ぎれば、元夫は復縁に条件を付けたり、様々な要望を加えてきます。元夫が何事にも強く出るようになり、引き際を失ったあなたは、とても弱い立場になります。

そうならないよう、あなたに求められるものは、『毅然とした態度』と『理路整然とした言葉』です。

2. 時には諦めることも大事。結果的に物事が上手く進みます

時には諦めることも大事
「愛する人の全てを受け入れたい」と考える女性もいますが、受け入れられない部分は出てくるものです。

誰しも色々な個性や考えを持っていますし、伴侶のそういった部分とも、付き合っていく必要があります。

しかし、「どうしても受け入れられない」という考えは、持っていて良いものです。必ずしも受け入れる必要はなく、「目を瞑る」「流す」「諦める」という選択をしても良いのです。

何事であっても、ぶつかり合ったり、擦り合わせる必要はありません。目を瞑れる部分は瞑ってしまい、あなた自身が一番『楽』でいられるように努めてみましょう。

3. アメとムチが大事。悪感情は長続きさせないようにします

飴とムチが大切
些細なことから大喧嘩に発展し、翌朝まで引きずってしまうことがあります。

譲れない主張だからこその喧嘩ですが、一晩経ったら怒りは腹の底に沈めましょう。

そもそも人の怒りの感情というものは、あまり長くは続かないものです。続いているように感じても、途中から怒りが『意地』『他の出来事への不満』とすり変わっているだけです。

そうなってしまいますと、あなた自身が自分の怒りの矛先を見失ってしまいます。あなたの気持ちをこじらせてしまわないよう、怒りはその日までとしましょう。

男性が帰宅をしても、仏頂面で居続ける女性は、女性として美しくありません。喧嘩をした後だからこそ、笑顔で温かな家庭に迎え入れてあげましょう。

男性は驚くかもしれませんが、優しく迎えてくれる女性に心を解きほぐします。元夫が「仕事が終わったらすぐにでも帰りたい」と思うような、温かな家庭と笑顔を持ちましょう。

さいごに

いかがでしたでしょうか?夫婦であろうとも、お互いの気持ちに踏み入りすぎないことが大事なポイントになります。

駄目な所は「個性」として受け入れたり、駄目な感情は「蓋をして」流してしまうのも手のひとつです。

片意地を張らない、自然体のあなたでいることが、元夫に好かれる為の第一歩です。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元カレに復縁したいと思わせる方法

元彼に復縁したいと思わせるには?

彼と別れて以来、元彼のことを考えてばかり。違う男性と付き合ってみたけれど、元彼への気持ちが消えない。 そんなとき、元彼への気持…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る