【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼と復縁した人の冷却期間と脱却のタイミング

元彼冷却期間とタイミング

元彼と復縁したいけれど、いったいどのくらい冷却期間を続けたらいいの?

復縁を成功させた人は、いったいどのタイミングで元彼に再びアプローチをはじめたの?

人によって多少の個人差はもちろんあると思いますが、今日は元彼との復縁の冷却期間についてと、冷却期間脱却のタイミングについてお話しします。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

冷却期間とは

冷却期間とは
言葉の通り、彼との関係を「冷やす」期間です。時間の経過と共に、お湯が冷めてしまうように、お互いの感情が冷静になります。それが冷却期間です。

この冷却期間において望めることは、あなたも彼もお互い冷静になって物事を判断できるようになることです。

別れの時はつい感情的になりがちですが、この冷却期間を挟む事に寄って、復縁に対して理性的に取り組む事が出来るようになることが期待されます。

冷却期間のデメリット

しかし冷却期間をあまりに長く続けてしまうことによって、彼のあなたへの未練や別れたことに対する後悔を忘れさせてしまうこともあります。

そこで復縁を望む場合は、きちんと冷却期間の終わりのタイミングを見極めることが何よりも重要になってきます。

結局、適切な冷却期間はどれくらいなの?

適切な冷却期間とは
この問いへの答えは、二つのパターンに大別されます。

1.彼があなたに愛情を持っているケース

一つ目は「彼がまだあなたに愛情を持っていると思われる」ケースで、この場合は二週間〜二ヶ月で冷却期間を切り上げるのがベストです。

例えば、彼から別れを切り出されていたとしても、 あなたに様子伺いのメールを送ってくるような場合はあなたとの関係に未練を抱いていると考えて良いでしょう。

冷却期間を経ることで、彼はきっとあなたの重要性を再認識することになると思います。彼のあなたへの熱が冷めないうちに、さっと冷却期間を切り上げてしまうのが良いでしょう。

2.けじめを付ける為に別れたケース

二つ目は「彼はあなたとけじめをつけるために別れた」というケースです。この場合、彼はあなたとの将来をきちんと考えて、あなたとの関係の解消という最終決断を下したと考えられます。

一度決断をした彼の考えを覆すのはどうしても時間がかかります。このような場合に冷却期間をあまりに短くしすぎてしまうと、例えあなたが復縁を望むことを伝えたとしても、彼はまったく聞く耳をもってくれないパターンが多いです。

この場合、復縁を成功させている人は三ヶ月〜一年、もしくは、それ以上とかなり長期の冷却期間を設けているようです。

このような長い期間を経ることで、彼の中であなたとの決別を風化させ、もう一度あなたとの関係性を築くことへのハードルを下げる事が出来ます。

この冷却期間の中であなたがやるべきことは、自分磨きです。長期の冷却期間を経て、一皮剥けて成長したあなたの姿を見た彼は、現在のあなたにまた恋してくれるのではないでしょうか。

さいごに

冷却期間を見極めて元彼と復縁
いかがでしたでしょうか?冷却期間終了の見極めはなかなか難しいと思います。しかし、焦らずじっくり待つことで好機が訪れます。

その時に「今しかない!」というタイミングを逃さずに愛する彼との復縁をしっかりとつかんでくださいね。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と復縁出来ない可能性から押すテクニック

「元彼と復縁できる可能性が無い」と感じてからの押しテクニック

「えっ!?元彼が他の子にモーションかけてる……」 「周囲にやり直すのは無理って言っているみたい」 一見すると絶望的に見える状…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る