【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

心理学を活用した復縁の方法

心理学を応用した復縁方法

人間の心理を動かすことは、非常に難しいのが現状です。

しかしながら、復縁においては心理を活用した方法がとても多く、いかに人間の心を揺さぶれるかどうかによって、復縁できるかどうかが決まってくるといっても言い過ぎではありません。

そこで、心理学を活用した復縁の方法をいくつかご紹介しましょう。

相手のことを思った言動は彼の心を揺さぶる

相手のことを想った彼の心を言葉は揺さぶる

別れ際、
「まだ一緒にいたい。でもあなたがそういうのなら仕方がない。」
と自分の気持ちも含めつつ相手の立場にたって伝えられているのであれば、これは彼の心にグッと響きます。

逆に「なぜ別れなければいけないの」「私は別れない」「なにがいけなかったの」などと彼を非難したり、すがったりするような相手の負担になる言葉を伝えてしまうと、嫌悪感を抱くのは当然です。

あなたが彼の立場でも同じ気持ちになるはずです。

彼からしてみれば、自分の言った事が否定されているのと同じなわけですから、もっと強い言葉で仕返しをしようと彼も気づかない、深層心理では思ってしまっているのです。

彼に対して見返りを求めるような言動はしない、これは徹底しておいて損をすることはありません。

好意を抱いていることを何となく伝える

好意を抱いていることを伝える
彼との話の中で、好意を抱いているということが彼が何となくわかる用に含みを持たせて会話をしてみましょう。

もしも彼がネガティブな発言をしたら「なにへこんでるの!」「そんなことくらいでクヨクヨするなんて」と非難するような言動は絶対にしてはいけません。

復縁したいのなら尚更です。

彼が落ち込んでいる時こそ「そんな時もあるし、もっとゆっくり進んでみたら」「ちょっと遠回りしたとしても、あなたならきっとできると思うよ」など、彼の気持ちに寄り添った言葉がけをするのです。

あなたが発する言葉一つ一つに、彼を大事に思っているというニュアンスを感じさせる言葉を使うことで、あなたと一緒にいたら癒される、以前よりも安心して話ができると思わせることができます。

友人や知人に協力してもらうのもあり

友人と知人に復縁協力をする

人間、自分が尊敬している人、信頼している人から言われた言葉は「そうであるに違いない」と素直に納得することができます。

つまり、彼が信頼している知人や友人に協力してもらい、あなたという存在を彼にアピールしてもらうのです。

あなたがどんなに復縁を望んでいても、もしも彼の周囲の人が「止めておいた方がいい」と言っていたら、どんなにあなたが努力したところで復縁することはできません。

ですから、逆をついて彼が信頼している人に復縁の協力をお願いするのです。

これは、彼とあなたが冷却期間を置いている時が一番ベストな時期で、彼の知らないあなたを友人や知人から聞いた彼は、あなたに会いたい、会ってみたいという気持ちが生まれます。

こうなれば、後は彼と直接会って話すだけ。

前述のように、彼と会ったら好意を抱いていると思わせる言動と彼のことを思った発言を心がけるだけで、あなたと彼の距離はぐっと縮まるはずです。

注意点は、友人や知人に協力してもらうだけで、相談することはNGです。
第三者でないと、絶対に冷静な分析ができないので、まともなアドバイスをもらえることはないからです。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

冷却期間中の男性心理変化

復縁冷却期間中に男性心理はこう変わる

恋愛において冷却期間はとても大事、と聞くけれど距離を置くのはとても不安・・・。 女性であれば時間が経てばたつほどに、本当にこの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る