【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

DVの元彼と復縁したい場合に考えておくべき5つのこと

DVの元彼と復縁したい場合

「お前が悪いんだ!」といつもの喧嘩の延長で別れてしまった元彼のことが、忘れられず悩んでいませんか?

たまに手を出すことはあっても、「普段はとても優しかった彼を取り戻したい」と思っているなら、復縁をする前にゆっくり考えてみましょう。

1度なら、手を出したからDVとは言えませんが何度も繰り返しているなら、注意が必要です。

今回は、DVの元彼と復縁したい場合に考えておくべき4つのことについて、ご紹介していきます。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

友達に連絡を取り話しを聞いてもらいましょう

DVを受けている環境には、第三者の存在を疎外してしまう傾向があります。

もし、「最近、友達と会っていなかったし連絡もしていない」という場合、出来るだけ仲の良い友達と会う機会を増やし、彼との間にある悩みを聞いてもらいましょう。

話しを聞いてもらうことにより、冷静な立場から見た2人の関係を知ることができます。

最初は、耳に痛いアドバイスをもらうかもしれませんが、何人かが同じことを言っているなら素直に受け止めましょう。

彼が優しいときは手を出した後か思い出してみる

喧嘩して手を出された後に、「もう、別れる!」とあなたから別れ話を持ち出すと途端に彼は優しく謝ってきませんでしたか?

DVになってしまう人は自分に自身がなく、他人に対して厳しい傾向があります。

その反面、捨てられそうになると豹変してすがってくるのです。

女性の中には、そのすがってくる男性を母性本能から捨てられなくなり、泥沼におちいってしまうことも多いのです。

彼が上記のことに当てはまる場合は、すぐに復縁するのはおすすめできません。

彼が「手を出したことをどう思っているのか?」について話し合ってみる必要があります。

自分の立場を友達に置き換えて考えてみる

もし、友達が同じ内容の相談をしてきたら自分がどう答えるか考えてみます。

想像しにくい場合、自分が経験したことを友達とその彼の名前に置き換えて紙に書いてまとめてみましょう。

そして、内容を読んだ後に自分がどういうアドバイスを出すか考えて下さい。

もし、「そんな彼なら、復縁するべきじゃないよ」というアドバイスが出たなら、彼との復縁はスッパリ諦めて下さい。

彼には、いいところもあるかもしれません。

でも、男性が女性に手を出す行動を繰り返すことは、普通ではないのです。

「まだ、2~3回だけだし」と思っているかもしれませんが、復縁したらエスカレートする可能性はかなり高いのです。

客観的な立場になり冷静になって、事実を考えてみましょう。

冷静に考えて復縁すると決めた場合

DV彼氏と復縁すると決めた場合

色々と考えたり、友達にも相談したけど「彼と復縁したい」気持ちが変わらなかった場合は少し距離を取りつつ彼に連絡をしてみましょう。

彼に、いきなり「もう1度、付き合おう」とあなたから告白するのはすすめられません。

現在、彼はDVではないかもしれませんが、あなたの方からお願いして復縁した場合はいい関係を築けない可能性があるからです。

「お前の方から、寄りを戻したいって言ったんだろう」と彼は横柄な態度をとるかもしれません。

彼と距離をとりつつ連絡を絶やさないようにして、彼の方から「これからは、気をつけるから復縁しよう」と言ってきたら、条件を出して下さい。

好きだから、「彼を許したい」という気持ちは解るのですが、同じことを繰り返さないための”保険”として条件を出すことをおすすめします。

例えば、「どちらが悪くても、手を出したら二度と会わない」「喧嘩になったときは、冷静になってから話し合う」などという条件をつけて、彼が毎日目に入るトイレに紙に書いて貼ってもらいます。

それでも、DVが繰り返されてしまったら別れましょう。

彼が機嫌の悪いときは相手にしない

彼の機嫌が悪い時

彼の機嫌が悪いときに、気を使っていませんか?

誰でも、機嫌の悪いときはあるものですが、最低限のマナーは必要です。

もし、彼と電話やLINEなどをしているときに不機嫌な態度や言葉を発したら、相手にせずに「じゃあ、またね」と相手にせず切り上げます。

そのまま、「ごめんね、何か怒ってるの?」と気遣いをしながら相手をしていると、彼はあなたを八つ当たりしていい存在だと思ってしまう傾向があるのです。

彼の中で、「機嫌が悪いと相手にされない」という認識ができれば、あなたに気を使わないといけないと気が付くのです。

自分を大切にできる恋愛をしましょう

恋愛はお互いを大切に思う2人がするから、楽しい時間を過ごせるのです。

「大好きな人の側に居たい」気持ちが強すぎて、自分を大切に出来ていないことに気が付かないときもあるかもしれません。

恋愛に疲れたときは、ちょっと”努力”するのをやめてみましょう。

恋人が本当にあなたを大切に思っているなら、彼のほうが”努力”してくれます。

そうやって、無理せずに支えあえる相手といい恋愛をして下さい。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁に向けた自己改革期間

復縁に向けた自己改革をする期間と目的とは

大好きな恋人と別れてしまい、やり直したいと思っているのに方法が分からないという場合には、まず冷静に落ち着くことが大切です。 別…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る