【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼への復縁メール頻度にはご注意!

元彼へのメール頻度

気になる元彼の事を考え、携帯を頻繁に見るせいか、彼へのメールはついつい沢山送りがちになります。

元彼からメールがくる場合でも、自分から送る場合でも、内容はもちろん頻度も大切です。

相手にストレスを与えない、自然なメールのやり取りができるための、メール頻度の心得や注意点をお教えします。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

相手からメールがくる場

彼からのメール
相手からメールがくる場合、復縁の可能性は非常に高いです。

このチャンスを最大限に生かすためにも、まずはすぐに返信をしたり、長めの文を送ったりはせず、時間を空け、初めは短めの文を送る事を意識してみてください。

いつもメールの返信が早いと、元彼は最初持っていた緊張感がなくなり、あなたに対し、いつの間にか何も感じなくなる場合があります。また、自分から返信する場合、「ふうん」「そうなんだ」だけではなく、相手が答えやすい質問を自分からも問いかけ、時間の空いた、自然な日常会話ができるよう心がけてください。

回数の減らし過ぎにご注意!

しかし、あまり回数を減らしすぎるのもよくありません。回数を減らしすぎると、元彼の心中に、「もう自分には興味はないのか」という誤解が生じます。

以前付き合いがあり、あなたの事をよく知るだけに、「この時間ならすぐに連絡がとれるはずだ」という考えで、仕事終わりや休日に連絡がくる場合もあります。

そんな時は、誤解を生まないためにも、たまには素直に対応し、やりすぎる駆け引きを防ぎ、程よい浮き沈みのある波をつくる事が重要です。

自分から送る場合

自分からメールを送る
自分から送る場合、メールが来る人とは違い、まだ元彼が自分に対する意識の度合いが分からないだけに、注意しなければならない部分が多いはずです。

まず初めは長文ではなく、簡潔な、元彼にとって、返信の意味があるメールを送るべきです。「今日〜があって大変だった」「〜買った」などと送ると、あなたを意識していない場合、面倒な会話が続きそうだと元彼は感じます。

頻繁に送れば、無視どころか怒りを買い遮断されてしまうので、これだったら興味を持つかもと思える、意味のあるメールを、元彼の休日などを考慮し送るべきです。 

返信が来ないからといって、焦る事は禁物です。返信がこない場合も、返信がきた場合も、忙しいはずの時間帯は避け、先ほどの内容を考慮し、メールを再度送ってみてください。

自分からのアプローチは、波をつかむには時間がかかりますが、好きになって欲しいという気持ちではなく、少しでも意識してくれたらという思いで接する事が大切です。

メールを続ける為にも

メールを続ける
チャットのような連続的なメールが続いた場合、今後メールを続けるためにも、一度で話題を終わらせる事は避けたいです。

毎日の話題作りは難しい分、量も限られるので、まだ話し足り無いという余韻を残しつつ、「遅いからもう寝るね、またね!」などといった簡単な理由を付け、一旦自分から終わらせる事も大切です。

ついつい夢中になりがちですが、元彼から終わられると、自分から再度メールを送りづらくなるので、このポイントもしっかり押さえておくべきです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。忘れられないためにも、まだ続いている人間関係を意識させるためにも、元彼へのメールの回数には注意が必要です。

元彼への駆け引きを有効にさせるためにも、二人でどういう会話を楽しんでいたかを思い返す事も大切です。思い出を、直接会って語り合えるぐらいまで、努力は怠るべきではないです。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

冷却期間中の男性心理変化

復縁冷却期間中に男性心理はこう変わる

恋愛において冷却期間はとても大事、と聞くけれど距離を置くのはとても不安・・・。 女性であれば時間が経てばたつほどに、本当にこの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る