【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁したい人は事例を参考にしてみるのも良し

復縁したい人は事例を参考にする

「何をしたら復縁できるのだろう…」毎日そんなことばかり考えていませんか?

確かに、好きな人がいるとその人のことばかり考えてしまうものです。決していけないことではありません。

が、それが元恋人であるのなら話は別です。一度お付き合いをしているからこそ、もう一度気持ちを振り向かせるには、相応の努力をしなくてはいけません。

ここでは、一度は別れたものの、何かのきっかけで復縁に成功した方の事例をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考にしてみましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

彼も一人の人間であることを認識したことがきっかけ

彼も一人の人間であることを認識

とあるカップルのケースを見てみると、いつしか気持ちがすれ違い相手のことを考えられなくなってしまっていたといいます。

「私が」「俺が」と自分のことばかり主張していれば、誰だって嫌になるものです。

もちろん、相手だって一人の人間ですから、気分にムラがあることもあるでしょう。

テンションが高い日、機嫌がいい日、逆に機嫌が悪くてちょっとしたことでイライラしてしまう日もあります。

これは、相手も人間であって自分と同じように感情を持っているということを知っていれば、このような状況に陥ったとしても、適切な対応をすることができるのです。

このカップルは、一度別れた時に互いに自分のいけなかった部分を見つけ改善する努力をしていました。

それが功を奏し、復縁することができたのです。

復縁するのに時間は関係ない

復縁するのなら早い方がいいと思いますか?それとも、別れてからかなり時間が経ってからの方がいいと思いますか?

どちらがいいとは一概にはいえないところもありますが、復縁を考えた時に時間が経ちすぎていることで不利になるということはまずありません。

逆に、全く連絡を取らず顔も見ない時期が長ければ長いほど、お互い冷静になって考えることができるため、いざ連絡を取った時にスムーズにやり取りができることも少なくないのです。

復縁の事例やケースを見てみても、冷却期間を置いたことで、付き合っていた時のいけなかった部分がわかって成長することができたという方もたくさんいます。

復縁を迫るということはしない

一度お付き合いをした者同士が復縁する時というのは、復縁の話を一切せずに復縁したというカップルが多いことをご存知でしょうか。

復縁したいという強い願いを持っている人もいたかもしれませんが、意外にも復縁という言葉を出さずに復縁されているカップルの方が多いのです。

ですから、あなたも復縁したいのであれば、そのことを直接彼に伝えてはいけません。

彼が同じように復縁したいと思っているとは限らないからです。

彼との復縁の願いを執着に変えてはいけない

彼との復縁の願いを執着に変えない
いかがでしょうか。強く願っていれば願いは叶うとはいいますが、復縁は強く願い過ぎると行動や言動に現れてしまい、彼への執着に変わってしまいます。

これでは彼も負担を感じ、あなたを敬遠してしまう可能性も否定できません。

復縁できたカップルの事例やケースを参考に、あなたにできることをまずは探してみましょう。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と元サヤになるには自分を変える

元彼と元サヤに戻るには、まず自分を変えること

記憶が色褪せることなく鮮明なまま、自分の心の中に存在し続ける元彼。 そんな元彼と再びやり直したい。元のさやに戻りたいと思う女性は沢…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る