【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

気持ちチェック!本当に元彼といい友達のままでいい?

元彼と友達のままでいいか

元彼と別れた後も、友達関係を続けている二人は大勢います。

しかし、「友達」という言葉の裏には、貴方の色々な気持ちが隠れている事も少なくないのではないでしょうか?

元彼と本当に友達でいいのかどうかを自分の気持ちに問いかけてみてください。

素直になって、自分の本当の気持ちと向き合うために、今回は、「気持ちチェック!本当に元彼といい友達のままでいいか?」についてお話をします。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

都合よく「友達」を使っていませんか?

元彼を都合のよい友達にする
貴方が元彼に対して「友達」という言葉を使うとき、2つのパターンが見えてきます。

1つ目は、相手に本当に気持ちがなく、人間として元彼が好きなために側にいるパターン。

そして2つ目は、恋愛関係が終わったけれど、元彼との距離が離れてしまうのが怖くて「友達」でいるパターンです。「友達」という言葉の裏に、貴方の下心が見て取れます。

復縁の記事を読んでいる時点で貴方は、2つめのパターンの事が多いのではないでしょうか?

  • 友達関係を続けていればいずれどこかでチャンスがくるのでは?
  • 離れるのが寂しい、少しでも側に居たい

素直になって考えてみると、このような気持ちが心にある場合、貴方は元彼と「友達」になる気はすでにないのです。

復縁をする手段として「友達関係」を続けているだけであって、心はもう元彼と復縁したくなっているのですよね。

友達というのは、勇気をもって復縁を進められない貴方の都合の良い言い訳に過ぎません。自分の気持ちをもう一度見つめてみてください。

このまま、本当に元彼と友達でいいのか、それとももう一度恋人に戻りたいのか。それをしっかりと理解する事が復縁をスタートさせるきっかけにも繋がります。

友達から恋人へステップアップするために

友達から恋人へ
自分の気持ちが本当は元彼と復縁したい事に気がついた貴方は、復縁活動をスタートする事ができます。元彼と友達を続けていられる今は絶好のチャンス。

元彼は少なからず貴方を側に置いておいても「害の無い人間だ」と認めてくれていることになりますから、復縁活動もしやすくなりますよね。

身近な彼に自分をアピールするために、彼の好みの女性に変わる事を意識してみましょう。

洋服、髪型、体型ありとあらゆる努力をしてみてください。努力は必ず成果を出すもの。

万が一元彼が気がついてくれなくても、共通の友人が貴方が綺麗になった事を気が付いて、元彼に「もったいなかったんじゃないの~」と助言してくれる可能性もあります。

また、元彼と復縁ができなかったとしても、綺麗になる事は次の恋につながりやすくなりますので、自分にとってマイナスは何もありません。

友人の距離で、元彼に接する事ができる今のチャンスを上手に使い、彼にとって居心地の良い女性で居続けましょう。このチャンスをものにする事が友達から恋人へステップアップできる近道です。

さいごに:友達卒業しませんか?

友達卒業して恋人へ
いかがでしたか?今回は、「気持ちチェック!本当に元彼といい友達のままでいいか?」についてお話をしました。

元彼が好きなうちは友達で居続ける事が逆に苦しくなってしまう事も多いかもしれません。でもそれなら、友達を卒業できる方法を考える方がずっと前向きな気がしませんか?

復縁活動をする事は、リスクも伴いますが、必ず貴方を成長させ、綺麗な女性に変えてくれるはずです。

元彼ともう一度恋愛をするために、今の状況を抜け出す復縁活動勇気をもって始めてみましょう。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と復縁出来ない可能性から押すテクニック

「元彼と復縁できる可能性が無い」と感じてからの押しテクニック

「えっ!?元彼が他の子にモーションかけてる……」 「周囲にやり直すのは無理って言っているみたい」 一見すると絶望的に見える状…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る