【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元カレとよりを戻すのに冷却期間が必要なワケ

元カレとよりを戻す為になぜ冷却期間が必要か

元カレと復縁するためには、必ず冷却期間を置く必要があります。

また、冷却期間は数週間と短い時間ではなく、半年ないし1年は置かなくてはいけないのです。

それはなぜなのでしょうか。
「彼と復縁したい」という気持ちが強ければ強いほど、焦ってしまうものです。

しかしながら、復縁に焦りは禁物。

では、なぜ元カレとよりを戻す冷却期間を置かなくてはいけないのか、どのくらいの期間冷却期間をおくべきなのかいくつかポイントをご紹介しましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

客観的になることができるから

冷却期間で客観的になれる
冷却期間をおくことで、あなただけではなく元彼も冷静になることができます。

仮に、冷却期間をおかずに復縁話を持ちかけると、最初に別れ話をしたときの状況を思い出して、感情的になる可能性があります。

感情的な状態では、自分が思っている本当の気持ちを伝えることができません。

さらには「もう会いたくない」「二度と顔も見たくない」二人の関係が悪化してしまう恐れもありますので、客観的かつ冷静になる時間として冷却期間が必要なのです。

別れた時のイメージが変わる

別れた時のイメージが変わる
別れた直後というのは、いい印象よりも悪い印象の方が残ります。

ですが、時間を置くことによって嫌なイメージが薄らぎ、思い出として美化されるため、時間を置くことはとても重要なポイントとなります。

また、嫌な思い出が美化されると次は「あんなこともあったな」「楽しかったこともあったな」といいイメージのある思い出を思い出すようになるのです。

そういった意味でも、冷却期間を置くことはとても大切なのです。

彼の印象を変えることができる

復縁するためには、あなた自身も成長していなければなりません。

これは基本中の基本ですが、冷却期間の間は自分のいけなかったところ、悪かったところを改善する時間として使うことができます。

するとどうでしょう、久しぶりにあなたに会った元カレは、「キレイになったな」「あれ?付き合っていたころよりもステキになってる」と、あなたに対するイメージが変わるのです。

逆に時間を置かずに復縁話を持ちかけた場合、あなた自身も彼も変わることができていないため、また同じことでケンカしたり別れることになる可能性も否定できません。

長い時間合わなければ、その分相手の変化に気付きやすいというメリットもあります。

まとめ

元彼とよりを戻すための冷却期間が必要な理由まとめ
元カレとよりを戻すためには、とにもかくにも時間を置くことは最低条件の一つです。

また、その期間、ただ単に連絡を取らない・顔を見ないだけではなく、あなたは「私の何がいけなかったのか」「彼はどこが受け入れられなかったのか」をしっかりと考えましょう。

そして、気付いたところを改善する努力をして、彼に久しぶりに会った時に「いい女になったな」と思ってもらえるよう、有意義な冷却期間を過ごしましょう。

別れ際の状況によっても異なるところはありますが、最低でも半年から一年は冷却期間として、連絡を取らない・顔も見ないに徹することが大切です。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

新しい彼が出来ても元彼が忘れられない深層心理

新しい彼氏が出来ても元彼が忘れられない深層心理

新しい彼と付き合いだして、心機一転。新しい恋愛のスタートをきったはずなのに・・・なぜか心が晴れないことはありませんか? もし今…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る