【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼をもう一度好きにさせる3つの方法

元彼にもう1度好きにさせる方法
元彼と復縁したいと考えた時、一番簡単で、重要な方法はなんだと思いますか?

それは、「もう一度元彼の心をこちらに向ける」事です。

離れてしまった元彼の気持ちがもう一度貴方に向けられるようになれば、復縁活動を必死になる事もなく、簡単に復縁が成功するはずです。

今回は、元彼の気持ちをもう一度貴方に向けるための3つの方法をお教えします。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

その1:ブランド物は持たない

元彼にもう1度好きにさせる方法1ブランド物はもたない
男性は、ブランド物を持つ女性をよく思いません。なぜだと思いますか?

それは、お金のかかる女は付き合いにくいと思っているからです。

男性は、女性と付き合う時、将来を意識しています。この人と一緒になったらどんな風になるのかな?位はやんわり考えている人が殆どです。

でも、貴方がブランド志向で、高い洋服や、高いバック、靴などばかりを買う姿を見ていると「お金がかかる女なんだな」「俺には養いきれないな」と思われてしまうことも。

男性に好かれたいなら、安くても、品が良く長く使える物を持つ事が大切です。

1つのものを長く使っている女性を見ると「ものを大切にして良い子だな」と男性は単純に思ってしまうものなのです。

その2:下品な行動はしない

元彼にもう1度好きにさせる方法2下品な行動はしない
男性の殆どは、女性より外を気にしています。

どういう事かと言うと、デートをしていても、自分たちが回りにどのように見られているのかを常に気にしているのです。

そのため、自分の側に居る女性が品の無い言葉遣いや、行動などをしていると、その側に居る自分がまるで辱めを受けているような気がしてしまうのだそう。

下品な行動とは、ファッションや、言葉遣い、また態度に表れてしまうもの。

例えば、下着が見えそうな短いスカートを履いているのに、人前で足を組み替えたり、女性が使わないような言葉遣いで話をしたりする事が男性が思う下品の部類に入ります。

おしとやかな女性を嫌いな男性は、居ません。昔ならではの優しく上品な女性を意識するだけでも男性に好かれる女性に近づけるはずです。

その3:褒めるなら内面を褒めよう

元彼にもう1度好きにさせる方法3内面を褒める
女性は、自分について褒められる時、「優しいね」と内面を褒められるよりも、綺麗になったねとか、痩せたよね!など外見を褒められることがうれしいと感じませんか?

でも、男性は逆なのです。「足が長いね」「格好いいよね」と褒められるより、内面の優しさや、器の大きさなどを褒められる方が喜びます。

別れても元彼と話すチャンスがある女性は、彼の会話から彼がどんな事を言われたら喜ぶかを察する能力を身つけることが大切です。

例えば、嫌な事があっても我慢したと言うような内容であれば、「貴方の器が大きいからそういう嫌な事も許せるんだよね」と言ってあげるのです。

この言葉は元彼の自尊心を刺激し、元気を出させ、プラスして癒しも差し出すことが出来ますよ。

さいごに:まずは王道を

いかがでしたか?元彼の気持ちをもう一度自分に引き戻したいと思ったら、男性に好かれる女性とは何かを学び、その王道をやってみるのが一番良い方法です。

元彼の好みもありますから、全てが当てはまるわけではありません。

でも、たくさんの男性が好ましく思う女性を学ぶ事で、元彼にも当てはまる部分が必ずあるはずです。

復縁は、細かい作業の積み重ねです。全てを同時進行で行っていかなければ成功はしません。色々な部分に目を配りながら、自分の出来る最善を尽くしてみましょう。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と元サヤになるには自分を変える

元彼と元サヤに戻るには、まず自分を変えること

記憶が色褪せることなく鮮明なまま、自分の心の中に存在し続ける元彼。 そんな元彼と再びやり直したい。元のさやに戻りたいと思う女性は沢…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る