【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼を大切にしたいと思う時にこそ、やってはいけないNG行動

彼と別れて復縁するためのNG行動

別れてしまった元彼を大切にしたいと思う時は人それぞれです。

ですが、焦って復縁NG行動をとってしまっては取り返しが付きません。

ふとした場面で元彼を思い出して、悲しくなってしまうという女性は世の中にたくさんいます。

彼と行った場所、過ごした記念日やイベントそんなことを思い出しては、彼と復縁できたらいいなと考えてしまうものです。

元彼を大切に思い、ヨリを戻したいと思った時には、やってはいけないNG行動をご紹介します。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

過度に連絡をしてしまうのは復縁NG

元彼に過度に連絡は復縁NG
別れた彼のことが、諦めきれないからと毎日連絡をするのは得策ではありません。

別れた直後の男性は彼女に対して一線をおきたいと考えます。

しばらく一人になり、いろいろなことを考えて頭を整理したいのです。

それなのに、しつこく連絡をしてしまえば、余計に彼の気持ちは離れてしまうばかりです。

彼とずっとつながっていたいという気持ちから連絡を取りたい気持ちはわかりますが、まずは辛抱しましょう。

男性が冷静な気持ちを取り戻すまでには、短くてもひと月はかかります。

最低でもそれくらいの期間は自分から連絡をするのはやめてください。

周りの友人に別れたことを言いまくる

彼と別れたことを、共通の友人や知人などに言いまくるのは得策ではありません。

男性は付き合っていた彼女との破局について周りに知られたくないと考えます。

本当に仲の良い親友だけならまだしも、そこまで深く付き合いがない友人にまで別れたことを報告してしまうのはNGです。

女性は、自分の悲しい状況をたくさんの人に知って欲しいので、ついいろいろな人に話してしまいますが、第三者から彼にその話がいった場合には、彼の気持ちは幻滅してしまうはずです。

言いたい気持ちもわかりますが、できれば言わない方が良いでしょう。

どうしてもアドバイスが必要な場合は、復縁マニュアルか無料復縁相談サービスもあります。

彼の身内に近づくのは復縁NG

彼の身内に近づくのは復縁NG

彼のお母様や兄弟などを味方に付けようと考えないことです。

付き合っていた当時、彼の家族と仲良くしていたからと、復縁の味方にしようとするのは間違いです。

たとえどんなに、彼の身内があなたを気に入っていても彼から避けられれば意味がありません。

そして彼のお母様などが彼に説得したとしても、復縁にはつながらないはずです。

男性はみなマザコンで母親の言うことは聞くと言いますが、残念ながらこの件に関しては、自分の意見を貫いてしまうのです。

あなたが彼の身内に接していることが分かれば、それだけで彼から引かれてしまう可能性も高くなるので気を付けてください。

元彼を大切にしたいと思う時だから一人で頑張る

元彼と復縁したいなら基本は一人で頑張る
復縁したい方の3つのNGを挙げました。

すべてに共通していることは、復縁したいなら、友人に頼らず自分で解決の道へ進みましょう。人によっては第三者サービスを利用すると良いでしょう。

友人に頼りたくなる気持ちはわかりますが、彼とのことはあなた以外には解決できないのです。

男性は今まで隣にあった人がいかに大切だったかと気が付くまでに、時間がかかります。

なるべく早く気が付かせるためには、一度彼の前から姿を消すのが効果的です。

別れた後も彼の周りに出現してしまっては効果がありません。

一度きっぱり彼から姿を消す勇気をもって一人で頑張るのが復縁の近道でもあります。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

男女の恋愛観や価値観の違いはどうして起こるか?

男女の恋愛観や価値観の違いはどうして起こる?

恋する女性が必ずたどり着くお悩みが『彼との恋愛観や価値観の違い』です 付き合い始めの頃は、男性も女性も恋に溺れ、互いの意見を簡…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る