【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼と二度目の復縁を成功&長続きさせる為のポイント

復縁して長続きするカップル

復縁を成功させたものの、些細なすれ違いなどから、破局してしまうカップルが増えてきています。

二度の別れを経験した女性の胸の内には、別れによる悲しみと「またやり直せる方法なんてあるの?」という不安な気持ちが溢れています。

女性の中には「もういい加減に諦めるべきかな……」と区切りをつけてしまう方もいますが、努力によって新たに復縁を叶えた方もいるんです。

彼への思いに蓋をせず、今一度「やり直す為に必要なポイント」と「またお別れしない為に必要なポイント」を考えていきましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

やり直す為には「冷却期間を持たない」

復縁前の冷却期間中の女性

あなたは、復縁に動くならば「少し時間を置いてから」と考えていませんか?

冷却期間は、悲しみや怒りなどを落ち着かせる効果がありますが、『残っている愛情』までも、クールダウンしていきます。

男性の大多数は、恋愛によって生じる面倒ごとをとても苦手に思っています。

二度目の復縁には、どうしても二人の意見を擦り合わせるという手間が必要になりますから、男性としては少し面倒に感じます。

その面倒を感じても、尚、「またやり直そう」と考えて貰う為には、あなたへの愛情が不可欠になります。

男性が怒っている場合などは声が掛けづらく思えますが、どんな感情であれ、あなたに対して向けられている内はセーフです。

愛情も他の感情すら冷めて、男性があなたに「無関心」になる前に手を打つことが重要です。

やり直す為には「安易な謝罪をしない」

謝罪をしない女性

喧嘩によって破局した女性は、「謝りたい」「許されたい」という気持ちが強すぎて、ついつい必死になって謝り倒してしまいます。

しかし、過剰な謝罪や下からの態度は、男性の気持ちを極めて優位にさせて、溜まった不満を言いたい放題に吐き出す機会を作ってしまいます。

多くの女性が「謝っていたはずなのに、あれこれ言われる内にキレてしまった……」といった残念な経験をしています。

女性がすべきことは、何度も「ごめんなさい」を重ねることではなく、何が悪くて、どこに謝意を感じているのかを正確に伝えることです。

きちんと考えて整理された言葉なら、彼の怒りもそう長くは続きません。

かつて心を通わせていた二人ならば、きっと理解し合うことが出来ますよ。

やり直す為には「明確に彼との今後を決めていくこと」

彼との今後を明確に決めていく

復縁に対して、男女のどちらもが「復縁しても、また別れたりしないだろうか?」といった不安な思いを抱いています。

交際を漠然と続けていては、中だるみしてしまいますし、目指す部分をきちんと見つけておくべきです。

目標を作ることで、男性も「そこまで考えてくれているのなら、失敗もなさそう。復縁しても良いかな?」と復縁に気乗りしてくれます。

具体的に決めておくことは、交際をどの程度の期間で続けて、同棲、婚約、結婚、出産などに移行していくかです。

そして、この際に必ず確認しておくべきことは、『男性が結婚の意思を持っているかどうか』です。

男性の中には「結婚をする気はないけれど、女性をそばに置いておきたい」といった考えを持つ方が、それなりの数で存在しています。

愛する男性に結婚意思を尋ねるということは、少し怖い気持ちもありますが、人生を浪費しない為にも、ここは頑張りましょう。

道筋を立てて、そこに元彼の意見も取り入れることで、二人の人生が決まっていきます。

交際にもメリハリが出来て、争いごとも減っていきますよ。

やり直す為には「他の男性に目移りしない」

他の男性に目移りしそうな女性

あなたは、「復縁活動と並行して、別に婚活もした方が良いの?」と、考えたことはありませんか?

胸に秘めながら「ずるい考え方をしているよね……」と、ご自分を責めている方もいませんか?

女性は人生設計の中に、動かすことの出来ない出産適齢期などがありますから、結婚や出産を第一に考える気持ちも、ごく自然なものです。

ですが、「それなら、他の男性とも接してみるべき?」といった疑問に対しては、ノーと答えます。

『別れても復縁を願うくらい魅力的な元彼』への気持ちを持ったまま、他の男性と接しても、あなたの気持ちは元彼から動くことがありません。

元彼と他の男性を比較して、「元彼のあんな所、こんな所が素敵」と、元彼への愛情を再確認してしまう『だけ』なんです。

最終的には、女性の大事な時間を無駄に減らしてしまい、よそ見の分だけ手ぬるくなった復縁活動は失敗に傾いてしまっています。

二兎追う者は一兎も得ず、といったことにならないように、復縁一本に集中して成功させましょう。

またお別れしない為には「何事も長い目で見ること」

物事を長い目で見る女性

交際中に喧嘩をしてしまった場合、女性はその喧嘩をとても大きな出来事として捉えてしまいます。

男性が道行く女性に目を奪われた、男性が意見を譲ってくれなかったなど、色々なことを深読みして一大事に思えてきます。

しかし、その考え方は『独身女性』がすることであって、『既婚女性』がすることではありません。

両親や友達など、周囲の既婚者の方々は、いちいち喧嘩を大きく受け取りませんし、多少の目移りなど気にしていませんよね?

それは「人生という長い目で見れば、大抵のことが些細であるから」という考えによるもので
交際を長く続けたい、結婚も視野に入れたいという女性であれば、同じように物事に対する大らかさを手に入れましょう。

男性が一緒にいて『居心地が良い』と思える女性を目指してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

二度目の復縁となると、気負ってしまう女性もいますよね。

ですが、実は一度復縁を成功させたことのある女性は、二度目の復縁も成功率が高いんです。

「彼がこの顔をした時には、強く出ては駄目」「今は優しく言う所」といった『彼へのノウハウ』が、自分の中に出来ているんです。

別れたてでは不安な気持ちになってしまいがちですが、「きっともう駄目よ……」と悲観しすぎることはないんです。

不安に張り詰めていた顔では、成功する復縁も失敗してしまいますし、まずは笑顔を作ることから、頑張っていきましょうね!

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

男と女の考え方の違い

男と女では恋愛に対する考え方が違う

性別はもちろん、男と女は考え方も違います。 ですから好きになることができるわけですが、恋愛においては気持ちがわからずケンカにな…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る