【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼からの返信率の高いメールを作る方法

元彼から返信率が高いメール作成

元彼にメールを送っても、良い反応が来なかったり、レスポンスがいまいちなことがあります。

元彼のことを愛しているからこそ、些細なことでも不安がどんどん沸いてきてしまうものです。

今回は、筆不精の元彼も、つい返信したくなってしまうメールのテクニックをご紹介いたします。

何気ない会話の中に、男心をくすぐるテクニックを詰め込んでみましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

1. 相談ごとを持ち掛け、アドバイスを求めてみましょう

元彼にアドバイスを求める
元彼への思いや復縁への願望に加え、返信がこないメールが重なると、女性の繊細な心は困惑に支配されます。

その状態になると、普段だったら簡単に片付けられる問題に、全くタスクが割けなくなります。悩みごとが山積みになってしまい、にっちもさっちも行かないというのは避けたいです。

あなたの繊細な心が潰されてしまう前に、元彼へと悩みを打ち明けてみましょう。

困っているあなたを元彼はスルーすることなんて出来ません。

適切な相談例

この場合の相談ごととして適切なものは、

  • 新しいパソコンやアプリが扱いきれずに困っている
  • 仕事に必要なスキルが上手く身につかない
  • 対人関係にいざこざがあってギクシャクしている

といったものです。些細なものに関しては、元彼も気軽に答えられますし、返信も早いです。

しかしその反面、深い相談を持ちかけることで、元彼の考え方や発想に触れることも出来ます。元彼がどの程度あなたに理解があるのかも、文面からうかがい知ることが可能です。

最初は些細なものから切り出しはじめ、段々深い相談を持ちかけるのがベターです。常に深く難しい相談ばかりでも疲れてしまいますし、匙加減は気をつけましょう。

2. 元彼の趣味対しての関心を示し、興味が引ける内容を作りましょう

元彼の趣味や関心をひくメール作成
インドア派の女性とアウトドア派の男性や、その逆など、趣味が合わないカップルも意外といます。

過去に元彼の趣味趣向を否定してしまっていたり、敬遠していた場合でも、今から理解を示していきましょう。趣味というものは、人の心を育むもので、その人の癒やしにもなり、心に根付いているものです。

そんな大切なものに理解を示し、話題にしてくれる女性はとてもポイントが高くなります。

特に結婚願望を持っている女性は、その趣味との付き合いが一生となりますので、ここで努力は必須です。

  • 本当は興味を持っていた
  • 別れてからもテレビなどで見かける内に気になっていた
  • 実際に体験する機会があったけれど、とても楽しかった

こう切りだされて嫌な顔をする男性はいません。

趣味を「教える」という立場にも楽しみを感じられるので、あなたに好意的な反応を見せます。

上手にメールのラリーを続けることが出来れば、趣味を通して一緒に過ごすことも可能です。

まとめ

元彼ありきで考えろ
メールで「教えを請う」ことは、メールのラリーを続ける為の重要なポイントです。更にポイントアップする為には、

  • 自分で悩んだ結果、○○という答えが出たけれど、自信が持てない。
  • ネットで調べて、この趣味には△△が必要なのはわかったけれど、選びきれない。

というような言葉も効果的です。教えを請うだけではなく、自らも一緒に考えているということを示しましょう。ですが、基本は”元彼ありき”で考えることです。”自分ありき・自分中心”ではいけませんよ。

瞬く間に返事が来てしまうような魔法のようなテクニックが、あなたと元彼の距離を狭めてくれます。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁テクニック

悪用禁止!元彼に復縁したいと思わせるテクニック

復縁の為に乗り出しても、何だか元彼の反応が芳しくないことがあります。 あまりにそっけなくされると、復縁に燃えていた恋心も元気が…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る