【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁したい元彼を上手に褒める方法

復縁したい元彼を上手に褒める方法

元彼を褒めるだけで復縁が上手くいく事があります。

そうは言われても、「褒める事」をいざやってみると、これが意外に難しいんですよね。

わざとらしくなったり、褒めたところで元彼の反応が薄かったり・・・。一体どうしたらよいの?と悩んでしまう事もあるのではないでしょうか?

今回は、そんな貴方に、元彼を上手に褒めて復縁を成功させる方法をお教えします。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

ただ褒めれば良いものじゃない

復縁したい元彼を上手に褒める方法1
「すごい!」「最高!」「かっこいい!」こんな褒め方をしていても、復縁は絶対に上手く行きません。彼を褒める事イコール「彼を立てる事」です。

元彼が言う事に対して、同調し、意見を尊重する。この2つさえしっかりと守って居れば彼を立てる事が上手にできます。自分の意見なんて言わなくて良いのです。

ただ、相手の話を聞き、「自分と同じ意見だよ」と言ってあげる事。

これだけでも、元彼は「俺のことわかってくれるな」と感じ、少しずつ心を開くものです。

同調したのに失敗するケースとは

彼の話に同調し、「わかる!そうだよね」までは上手くいっても、その後の貴方の返答で、会話が台無しになってしまうもったいないケースがあります。

それは、「わかる!そうだよね!」の後に「私もね、こんな事があったの」と同じような体験談を話してしまう事です。

おしゃべり好きな女性は特にやってしまいがちなのですが、このような会話の仕方は、せっかくの元彼の話を貴方が取ってしまっている事になるのです。

元彼がまだ貴方に色々聞いてもらいたい事があっても、これでは会話が終了してしまいますね。このような同調の仕方にはくれぐれもご注意を!

アドバイスなんて要らない

復縁したい元彼を上手に褒める方法3アドバイスは必要ない
相手の気持ちに同調し、共感する事は、アドバイスをする事とは全然違います。

元彼は、貴方にアドバイスなんて正直求めていないのです。

男性は自分の決める事は自分でしっかりと決める傾向があるため、無駄な事を言うと「面倒くさいやつ」「偉そうなやつ」とマイナスのイメージを持たれてしまいます。

「そうなんだ」「大変だね」「その気持ち解るよ」それだけで十分です。

彼が落ちこんだ内容のメールを送ってきても、「それは落ち込むよね。大丈夫?」とだけ送ればOK。余計な事は復縁をこじらせる原因になってしまいます。

「頑張ってね」は言わない

復縁したい元彼を上手に褒める方法3頑張ってと言わない
男性はプライドが高いもの。そのため、別れた女性から「頑張ってね」「辛そう」などの言葉をかけられると、上から目線で物を言われているような感覚に陥る事があるようです。

また、頑張っているのに上手く行かない場合、「俺は頑張ってるんだよ」とイライラする男性もいるのだそう。

メールや、電話で会話をしていても、励ましの言葉は使わないほうが良いでしょう。

それよりは、再ほどもお話した同調を使い、相手の気持ちを共有する事が大切です。

上級テクニックとしては、同調の後に、彼が会えて答えやすい質問を投げかけてあげましょう。会話も弾み、元彼に話しをし易い人だなあと印象付ける事もできます。

まとめ:受け入れるスタンスで

復縁したい元彼を上手に褒める方法は受け入れスタンスで
元彼を褒めるのではなく、元彼を受け入れるスタンスで言葉をかけてあげる事が大切です。

男性は、癒しを与えられると骨抜きにされます。暖かく、そして優しく彼を見守るスタンスで会話を続けましょう。

同調や、共感を続ける事で、少しずつ元彼との距離が縮まり、メールや、電話の頻度を上げることができるのです。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

客観視ができると復縁後も幸せになれる

客観視ができると復縁後も幸せになれる

復縁には客観的に見ること(客観視)が重要視されています。 そもそも、カップルが別れるのは『原因』があります。 その原因は大き…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る