【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼との復縁が難しいケース

元彼復縁が難しいケース

復縁は、残念ながら全ての人が、確実に成功できるものではありません。

そのため、女性の多くが、今の自分の状況が、「復縁に成功しやすい状況」か「復縁に失敗してしまう状況」なのかを知りたいと思うようです。

復縁が難しいケースがいくつか存在しているのも確かな事です。

今回は、そんな復縁に向かない状況やケースとは一体どのようなものなのかを、一緒に見ていくことにしましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

相手の居場所が一切解らない場合

元彼復縁が難しいケース:相手の居場所分からない
カップルの別れは、「喧嘩」が原因だと言います。

そして、喧嘩をした直後というのはお互いにメールアドレスを変更したり、LINEをブロックしたりする場合もあるかもしれません。連絡先がわからなくては、連絡のしようがありませんし、相手がどこに居て、何をしているのかもわからなければ接点を作る事さえ難しいでしょう。

高いお金を払えば、復縁業者や、探偵などを雇い相手の居場所を突き止める事ができるかもしれません。しかし、相手が連絡先を教えない、ブロックしたままというのは、すでに貴方との関係を遮断したいという心の現われなのではないでしょうか?

そういう場合、どのような手段で相手の居場所を掴んだとしても、拒絶されるのは目に見えていますよね。この場合、時間を置いて相手の出方を待つしかありません。

貴方に体の関係を求めてくる場合

元彼復縁が難しいケース:体の関係を求める
男性の中には、別れた後でも平気で体の関係を求めてくる人も居ます。

「断ったら嫌われるかもしれない」という気持ちからついつい相手の言うがままに関係を持ってしまう人もいるようです。

しかし、本当に貴方と復縁をする気持ちがある男性は、体の関係を持つ前に貴方と話し合いをしようとするはずです。

体の関係を復縁をする前にも関わらず求めてくるような男性は、「話し合う事が面倒くさい」イコール復縁なんて考えたくないと思っている事の裏返しです。

そんな相手と長い間関係を続けていると、どんなに好きな人でも自分の心がだんだんすさんで行き、最後には人を信じられなくなってしまいます。

そういう男性からは、残念ですが今すぐに手を引き、新しい恋を探した方が貴方のためでもあるのです。

貴方が浮気をして別れた場合

元彼復縁が難しいケース:浮気別れ
男性は、女性に「清らかさ」のようなものを求めます。

それは、昔からの「男は浮気をしても良いが女はダメ」という日本の文化をまだ引きずっているのかもしれませんね。

そのため、貴方が浮気をしてそれがばれたことによる別れの場合復縁は難しいと言えます。

男性が浮気をした場合であれば、女性側が許せれば復縁が叶ってしまう事も多いのですが、男性は女性の浮気を頑なに許しません。

体の関係を持つだけの相手であれば、派手で遊び好きの女性が良いけれど、自分の彼女にするなら「俺だけしか見ていない従順無垢な人が良い」と都合よく考えてしまうのが男性というもの。女性が浮気をした事を心から許せる男性は、殆ど居ません。

軽い女としてのレッテルを貼られ、復縁したと見せかけ、都合の良い女になり下がってしまう可能性もあります。

勇気を持つこと

元彼復縁が難しいケースでは勇気を持つ
いかがでしたか?今回は、復縁が難しいケースを3つお話ししてきました。ご紹介した3つのバターンは、復縁は諦めた方が良いという最悪なケースです。

どんなに難しい別れをしてもこの3つ以外なら可能性は少なからずあるものです。復縁は、勇気を持った人だけが手にする事が出来るご褒美です。

何もせず泣いているくらいなら、今すぐ彼に連絡をするくらいの勇気をもっている人が復縁を成功させられるのかもしれませんね。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

冷却期間中の男性心理変化

復縁冷却期間中に男性心理はこう変わる

恋愛において冷却期間はとても大事、と聞くけれど距離を置くのはとても不安・・・。 女性であれば時間が経てばたつほどに、本当にこの…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る