【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼との冷却期間とは

元彼との冷却期間とは

元彼と復縁するためには冷却期間が大事って聞くけれど、「冷却期間」ってそもそもなんだろう・・・。

とわからなくなってしまいます。期間はどれくらい?重要なポイントは?など、色々なことで不安になりやすい時間ですよね。

今日はそんな「冷却期間」についてチェックしてみましょう。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

1.冷却期間の目的とは?

冷却期間の目的
冷却期間を必要とする目的、女性側は大きく分けて「嫌なことを忘れる」「自分の気持ちを再確認する」この2つに分類されます。

「嫌なことを忘れる」

別れるきっかけになってしまった大きな出来事、積もってしまった小さな嫌なことも、時間が経てば意外に許せてしまったりするもの。

直後はあんなに嫌いだったのに…と思い返してみると、大したことのない行動もあるはずです。本当に許せないかどうか、あなた自身と相談するのがいいでしょう。

「自分の気持ちを再確認する」

一人でいる時間が増えると、やっぱり別れてよかった!いや、やっぱり戻りたい・・・。と自分の気持ちすら、あやふやになってしまったという経験はありませんか?

この気持ちのまま元彼と話をしても、相手に自分の気持ちを半分も伝えることはできないでしょう。本当に好きだったのはどんなところだったのか、よく考えてもう一度しっかりと、復縁を望む自分自身と向き合いましょう。

男性の気持ちを知ることは難しいですが、自分の気持ちはコントロールできるものです。この2つを忘れないようにすれば、あなたは前向きに成長できています。

時間はたっぷりあるのです。元彼の好きなところ、嫌いなところ、紙に書き出してみて客観的に読んでみるのもいいかもしれません。

2.冷却期間の長さ

冷却期間の長さ
一般的に期間というのは男性は長く、女性は短いものとなっています。なぜなら、別れた理由がどうであれ男性にはプライドが強く影響してしまいます。

自分に対しても、女性に対しても、簡単に戻れない・・・と思っている可能性が大いにあります。そんな気持ちの中で復縁の話が来ても、すぐには手を伸ばせないかもしれません。

1週間、1か月、3か月・・・。別れた理由が重いものであればあるほど、冷却期間は長く設けたほうが良いでしょう。女性側もまだ冷静に話し合えないと思った場合は、もう少し時間を置きましょう。

3.冷却期間の間の連絡

冷却期間の間の連絡方法
「冷却期間では連絡を取らないことが鉄則」と思われています。確かに期間中に連絡を取らないほうが、自分の時間が持て、気持ちに余裕ができるでしょう。

ですが、そんなことはありません。無理に寂しい気持ちを抑え込んでいては、自分磨きもうまくいかず、普段の生活にも楽しみは減ってしまいます。
そんな時は思い切って連絡をしてみましょう。意外とあっさりと復縁できてしまうケースもあります。

ただ、こうして復縁したケースはお互いに気持ちの整理ができていない状況のため、長く続かない場合が多いのです。なんのための冷却期間かを考えてみると、冷静な判断ができるかもしれませんね。

まとめ

冷却期間まとめいかがでしたでしょうか?女性にとって冷却期間はつらく長いたたきです。

ですが、このつらさが今後の彼との恋愛を、より良いものに変えるのです。女子会などで気分を明るく、笑顔を保ちましょう。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼にもう連絡しないでくれと言われた復縁方法

「もう連絡しないでくれ」と言われた彼と復縁する方法

元彼に連絡を拒絶された時、復縁は不可能なのでしょうか? 連絡を拒絶されてしまうと、2度と元彼との関係が復活できないような気がして悲…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る