【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁における冷却期間の重要性

冷却期間の重要性

別れた後に「やっぱりあの人でないとダメだ…」と後悔する時ってありますよね。そこで頭に思い浮かべるもの、それは「復縁」。復縁したい時、貴方はどのようなアクション起こしますか?

メールや電話をしまくる、とにかく「愛している」「好き」を言う、必死に謝る、彼の行きそうな場所で待ち伏せする、そして接触を試みる、もう何が何でも復縁するために必死に説得する、などなど色々な方法があります。

しかし、これらのアクションは返って逆効果となります。では、どうすれば良いのか、その方法をいくつかお教えいたします。

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

「復縁」に重要な「冷却期間」

冷却期間の重要性
まず復縁において何が一番大事か、それは「焦りは禁物」だということです。別れてから、すぐに何かしらのアクションを起こさなければ復縁できる可能性がなくなってしまうと思われがちですが、少しの「冷却期間」というものが重要になってきます。

別れた直後は、嫌な思い出だったり相手に反発する感情というものが残りがちです。そんな時に復縁の話を持ち掛けても逆効果になります。

では、「冷却期間」はどれほど設ければ良いのでしょうか。

距離感を考える

勿論、それぞれのカップルによって冷却期間の長さはまちまちです。そこで考えたいのは、「今までの距離感」です。彼と付き合っていた頃、メールを一日に何通送っていたか、電話の回数はどれくらいだったかを参考にしてください。

ここで重要なのは、相手に「あれ?連絡がこないな…」と思わせることです。

まずは、自分なりの冷却期間を設けてメールを送り、相手の反応を見てみましょう。彼からメールが返ってくれば一気に連絡の回数は増やさずに、ゆっくりとメールや電話の数を増やしていきましょう。

もしメールが返ってこなければ、相手にはまだ冷却時間が必要だということ、もう少し時間を置いてから再度メールを送ることをおススメします。

さいごに

冷却期間の重要性
人間、追われれば追われるほど逃げたくなる生き物です。いち早く復縁したい気持ちはグッと抑え、冷却期間を意識してもうけて、焦らずゆっくりとアクションを起こしましょう。

そして連絡を取る場合、彼との距離感も上手に調節しながら、徐々に復縁への道を進めて下さいね。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元彼と元サヤになるには自分を変える

元彼と元サヤに戻るには、まず自分を変えること

記憶が色褪せることなく鮮明なまま、自分の心の中に存在し続ける元彼。 そんな元彼と再びやり直したい。元のさやに戻りたいと思う女性は沢…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る