【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元彼と復縁したい。ベストな冷却期間はどのくらい?

元彼とベストな冷却期間
別れの時には「もう知らない!一緒にいるのは無理!」なんて思っていたのに。

まだ自分の中に元彼への思いがくすぶっていることに気付いてしまうこと、ありますよね。

「まだ別れてから、そんなに時間が経っていないのに。復縁って話しても良いの?」

「でも今が駄目なのならば、復縁っていつ言い出すのがベストなのかな?」

今回はこういったお悩みに対し、様々なパターンでの『元彼とのベストな冷却期間』をお届けします。

あなたに原因があって別れてしまった場合

冷却期間1女性に原因の場合
仕事のイライラや寂しさに、つい駆られての衝動的な暴言や浮気などが原因で別れてしまった場合。この場合は、半年から1年程の冷却期間を必要とします。

長いと受け取る女性は沢山いますが、グッと堪えることが大事です。男性の怒りというのは基本的にはカラッとしています。

けれど根っこは深いもので、焦ってアプローチしても失敗してしまいます。

この期間中にあなたは、付かず離れずの位置で元彼の傍にいましょう。別れた理由について、深い反省を態度で示すことが不可欠です。

元彼に原因があって別れてしまった場合

冷却期間2彼氏に原因
別れた原因が女性側ではなく、元彼側だった場合。この場合では、1ヶ月程が冷却期間としてベストです。

「あの時は腹がたったけど、やっぱり好きだから」と折れてしまうのがコツ。

元彼が自分の過失を悔いていた場合、あまりに期間を開けると浮いてこなくなってしまいます。沈みきった男性というのは母性をくすぐってしまいやすく、すぐに手を出す女性が現れます。

原因は、あなたにとって許せないことだったかもしれません。しかしあなたがやり直したいと思うのならば、許せないという思いを割り切る必要があります。

「許す」という行為は中々踏み出せず、難しいものですよね。しかしあなたが”許す”と決めたのならば、原因については何度も触れないようにしましょう。

大喧嘩を発展しかねない内容ですし、寛大なあなたの態度を見れば、元彼も心を改めてくれます。

まずは自分の気持ちを整理してから、心を強く持って挑んでみましょう。

原因はあやふや。売り言葉に買い言葉の喧嘩別れの場合

冷却期間3原因がお互いの場合
別れた原因が”お互い様”の場合ですね。こういった場合は、冷却期間は3日程で十分です。

別れという結論が、事実として落ち着いてしまう前に「いつもの喧嘩」としてしまいましょう。

元彼がふて腐れていたり、悪態を付くようなら「(別れの言葉なんて)本気じゃないし」と突っぱねること。

あなたがケロッとしていれば、元彼の方もそう怒りが持続しません。とにかく、迅速に対応することがカギとなります。

元彼が友達や知人にふたりの別れを告げていた場合、厄介になってしまいますよ。

「周りに話しちゃったし、もう引っ込みがつかないから……」なんて言われたら、泣くに泣けません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?最速で3日、長くて1年といった具合で、ベストな時間はかなり違いましたよね。

あなたと元彼のパターンを当てはめて、最善の答えに向かって行きましょう。

元彼との穏やかな生活まで、あともう少しの辛抱です。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼を別れさせようとしない

彼に他に好きな人が出来た…そんな時あなたはどうするべきか

大好きだった彼からの突然の別れ話。 こんなに辛いことはありません。 しかも、「他に好きな人ができた」と言われた時のショックは…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る