【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

別れ際一つで寄りを戻す事ができるかどうかが決まる

復縁できるかは別れ際で決まる

タイミングもありますが、復縁することは難しい事ではありません。

女性よりも男性は単純な生き物です。

男性の心理を上手に活用することで、復縁や寄りを戻すこともできるのです。

では、どうしたら彼が「復縁したい」「寄りを戻したい」と思ってくれるのでしょうか?

【PR】27歳以上専用のスピード復縁診断

男性の潜在意識にある未練を呼び起こす

男性の潜在意識を呼び起こす
女性は、新しい恋人ができると今までの恋愛に上書きをして思い出を保存することができます。

ですが、男性は女性のように恋愛を上書きして保存することができません。

それぞれの恋愛ごと別ファイルで保存するのです。

つまり、ふとしたきっかけで今まで付き合っていた人を思い出すことが多いのも男性なのです。

彼の中にある未練や情を呼び起こすことができれば、復縁できる可能性も非常に高まると言えるでしょう。

もしも彼と連絡を取ることがあったり話す機会があれば、「あの時行ったところ覚えてる?この間偶然通りがかって懐かしくなっちゃった」など、彼が当時のことを思い出すような言い方をすると良いでしょう。

別れ際の善し悪しが復縁を左右する

別れ際の良し悪しが成功を左右する
寄りを戻すことはできます。

しかしながら、別れ際の印象が悪いほど、残念ながら寄りを戻すことに抵抗を感じたり、ためらうようになってしまうのです。

どんなに辛くても、別れ話が出た時点で、どちらかの気持ちはもう冷めてしまっているのです。

いくら復縁したくて寄りを戻すことができるように説得してもです。

つまり、別れ話が出たら理由くらいは聞いても、泣いてすがったりわめいたり、彼を付きまとうようなことはしてはいけません。

彼が逆にビックリしてしまうくらい、あっさりと別れてしまった方が彼の中の未練も強くなり、ためらうことなく寄りを戻す事ができる可能性も高まります。

どこで会ってもいいようにつながりは残す

復縁には冷却期間を置くことが大切なのは言うまでもありません。

ですが、全く連絡を取らないとはいっても友達とのつながりを残したり、連絡先を消すことはしないようにしましょう。

未練を残さないという意味でも、別れた直後にすぐ連絡先を消してしまう方もいますが、いろいろな視点で見た時に、連絡先は残しておくことをお勧めします。

さらに別れ際「いつか友達として会えるといいね」と一言伝えると、彼はあなたの言動に心を動かされ、あなたのことを思い出す事が多くなるに違いありません。

復縁したいのなら冷却期間を置く

復縁したいなら冷却期間を置く

別れ話というのは、どんな状況にしろ、お互いに労力を使います。

ですので、いくらあなたが復縁したいと思っていても、すぐに彼に連絡を取らないようにしましょう。

また、すぐに会ってしまうのもNGです。
冷却期間を置くことで、復縁に有利な気持ちの余裕と成長を手に入れることができるのです。

彼の気持ちを動かすには?の視点で考える事

いかがですか?ためらうことなく復縁することができる場合も少なくありません。

あなた次第で、彼の気持ちを動かすことはできます。
追われると逃げ、逃げれば追いたくなるのが男性です。

その心理を利用して、彼が寄りを戻したくなるよう仕向けることが大切です。

一人で悩むだけでは解決に辿りつくことは出来ません

誰にも相談しないでいると、一人で延々と悩み続けることを繰り返すだけで、解決に辿り着くことができません。

状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものですよ。

復縁・恋愛の専門家の小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料です。お試しの1度だけでも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動が、きっと良い方向へ展開していきますよ。

>>無料メール相談はどういうもの?

>>勇気を出して無料メール相談を受ける

※申し込みされた場合は自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

客観視ができると復縁後も幸せになれる

客観視ができると復縁後も幸せになれる

復縁には客観的に見ること(客観視)が重要視されています。 そもそも、カップルが別れるのは『原因』があります。 その原因は大き…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る